Research press release

腎臓がんに関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Variants associated with kidney cancer

腎細胞がん(RCC)に関連する2つの遺伝的座位が同定された。RCCに関連する高頻度の遺伝的多型が同定されたのは、今回が初めてだ。この成果を報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

全世界で、毎年およそ20万人が新たに腎臓がんと診断されており、RCCが、腎臓がん症例全体の90%を占めている。高血圧、肥満、喫煙は、いずれも腎臓がんのリスク因子だが、腎臓がんのリスクを高める高頻度の遺伝的多型は見つかっていなかった。

今回、P Brennan、S Chanockらの研究チームは、5,970人のRCC患者を対象とした初めてのゲノムワイド関連解析を行い、RCCのリスクに関連した2つの遺伝的座位を同定した。

Two genetic loci are associated with renal cell carcinoma (RCC), according to a new report published online this week in Nature Genetics. These are the first common genetic variants associated with this type of cancer.

Approximately 200,000 new cases of kidney cancer are diagnosed worldwide each year, with renal cell carcinoma accounting for 90% of all kidney cancer cases. High blood pressure, obesity and smoking are all risk factors for kidney cancer, although previously no common genetic variants were known to increase risk for the disease.

Paul Brennan, Stephen Chanock, and colleagues now report the first genome-wide analysis of 5,970 individuals with renal cell carcinoma. The study identifies two genetic loci that are associated with RCC risk.

doi: 10.1038/ng.723

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度