News in Focus

中間質量ブラックホールを重力波で確認

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201213

原文:Nature (2020-09-02) | doi: 10.1038/d41586-020-02524-w | ‘It’s mindboggling!’: astronomers detect most powerful black-hole collision yet

Davide Castelvecchi

中間質量ブラックホールの存在と、「禁じられた」質量範囲にあるブラックホールの存在が、重力波の観測で確認された。

合体する前、互いの周囲を回りながら重力波を放出する2つのブラックホールのイメージ画像。 | 拡大する

MARK GARLICK/SPL/Getty

太陽の100倍以上の質量を持つ「中間質量ブラックホール」が存在することが重力波の観測で確かめられ、このほど報告された。また、恒星進化の理論上あり得ないとされていた質量範囲にあるブラックホールが存在することも、同じ観測で分かった。この重力波は米国とイタリアの重力波検出器で2019年5月21日に検出され、85太陽質量と66太陽質量のブラックホール同士が合体し、142太陽質量のブラックホールができたイベントで放出されたとみられている。合体前の質量、合体後の質量共にこれまでに重力波検出器で観測された中で最大だった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度