Editorial

レーザー通信による宇宙探査機からのデータ伝送

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2013.131035

原文:Nature (2013-07-18) | doi: 10.1038/499254a | Light show

宇宙船からのデータ伝送速度の向上が求められており、レーザー通信技術への期待が高まっている。ただ、雲を避けてどう伝送するかなど、克服しなければならない課題が残っている。

Credit: THINKSTOCK

地球以外の惑星の画像が初めて地球に送られてきたとき、その伝送速度は、静脈への点滴くらい遅かった。1965年7月15日にマリナー4号探査機が火星付近を通過した際、小型のテレビカメラが作動し、縦横200ピクセルの火星表面の画像を合計22枚撮影した。その後、マリナー4号は、直径約1mの高利得パラボラアンテナを地球に向けて旋回させ、Sバンド(電波スペクトルの高周波帯の1つ)を用いて、毎秒33.33ビットの速さで画像の送信を開始した。これは、現代の広帯域インターネットの接続速度の、なんと100万分の1程度でしかなかった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度