News

ナノ粒子温度計で生細胞の温度を測る

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2013.131002

原文:Nature (2013-07-31) | doi: 10.1038/nature.2013.13473 | Nanothermometer takes the temperature of living cells

Davide Castelvecchi

ダイヤモンド結晶における量子効果を利用して、微小なナノ粒子温度計が作製された。 これを生細胞内に導入すると、1000分の数ケルビンという高感度で、 細胞の温度変化をマッピングできる。

研究者たちはレーザー光で細胞の特定部位を加熱し、ナノダイヤモンドを用いて温度を測定した。

Credit: GEORG KUCSKO

ハーバード大学(マサチューセッツ州ケンブリッジ)の物理学者Peter Maurerらは、量子コンピューター用に開発された手段を使って、生細胞内の温度変化をマッピングする手法を開発した1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度