Research press release

【肥満】「自然に」カロリーを燃焼させる方法

Nature Communications

Obesity: A ‘natural’ way to burn off calories

齧歯類において、植物由来の分子であるベルベリンが、褐色脂肪の活性を上昇させることによって、余分なカロリーの燃焼に役立つという報告が、今週掲載される。褐色脂肪は、脂肪酸の代謝と熱産生により、エネルギー消費に積極的な役割を果たす。

ベルベリンという化合物は、薬草療法に用いられるさまざまな植物や中国伝統医学で一部用いられている植物に含まれている。ベルベリンについては、抗糖尿病作用、コレステロール降下作用など、さまざまな代謝的効果のあることが過去の研究で分かっている。

この論文で、Guang Ningたちは、遺伝的肥満マウスと高脂肪食を摂取するマウスにおいて、ベルベリンがエネルギー消費を増やし、体重の増加を抑え、低温耐性を改善し、褐色脂肪組織の活性を増強することを報告している。今回の研究では、ベルベリンのこうした作用が、熱産生によってカロリーを燃焼させる2種類の脂肪組織(褐色脂肪といわゆるベージュ脂肪)を活性化することによって生じることが明らかになった。また、ベルベリンが発揮する潜在的に有益な代謝作用の作用機構も初めて確立された。ただし、この機構がヒトにおいても働くかどうかは、今後の検証の結果を待たなければならない。

A plant-derived molecule called berberine can help rodents burn off excess calories by increasing the activity of brown fat, a study in Nature Communications reports this week. Brown fat plays an active role in energy expenditure by metabolising fatty acids and generating heat.

The compound, berberine, is found in various plants used as herbal remedies, including some used in traditional Chinese medicine. Berberine has previously been found to have a variety of metabolic benefits, including anti-diabetic and cholesterol-lowering effects.

Guang Ning and colleagues report that berberine increases energy expenditure, limits weight gain, improves cold tolerance and enhances brown adipose tissue activity in genetically obese mice and in mice that consume a high-fat diet. They find that it does this by activating two types of fat tissue - brown fat and so-called beige fat - that burn off calories by producing heat. The work establishes a new mechanism of action for the potentially beneficial metabolic effects exerted by berberine; whether this mechanism also works in humans remains to be tested.

doi: 10.1038/ncomms6493

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度