Research press release

免疫学:分娩方法が乳児の腸内環境とワクチン接種への応答に影響するかもしれない

Nature Communications

Immunology: Birth method may affect microbiome and response to vaccination

出生時の分娩方法の種類(経膣分娩か帝王切開か)が、乳児の腸内マイクロバイオームの変化と特定の小児期ワクチンに対する応答性と関連していることを報告する論文が、Nature Communicationsに掲載される。今回の研究で得られた知見は、帝王切開より経膣分娩の方が、健康な乳児における通常の小児期ワクチン(2種)に対する特定の種類の抗体応答の増加に関連するマイクロバイオーム組成をもたらすことを示唆している。

小児期ワクチンは、小児期に関連する一定数の感染症に対する防御を付与することを目指している。これらのワクチンがどの程度相互作用して、免疫応答を誘導するのかは、乳児に生じる防御のレベルにとって重要だ。マイクロバイオームは、ワクチン接種に対する免疫応答において役割を担うことが知られている。しかし、生後早期の微生物への曝露とそれが腸内微生物相の組成とその後の小児期ワクチンへの応答に与える影響の関係については、まだ十分に解明されていない。

今回、Debby Bogaertたちは、経膣分娩で生まれた乳児と帝王切開で生まれた乳児(合計101人)を調べて、誕生から12か月間の腸内マイクロバイオームを評価し、その上で、呼吸器系病原体を標的とする2種類の通常の小児期ワクチン(肺炎球菌ワクチンと髄膜炎菌ワクチン)に対する抗体応答を生後12か月と18か月の時点で評価した。Bogaertたちは、経膣分娩による出産は、生後数か月間の腸内マイクロバイオームにおけるビフィズス菌と大腸菌の量の増加とこれら2種類のワクチンに対するIgG抗体応答の上昇と関連することを見出した。今回の研究で重要なのは、帝王切開ではなく、経膣分娩の場合に、マイクロバイオームが分娩方法と肺炎球菌ワクチンへの応答との関連を仲介したことを明らかにした点だ。

以上の知見からは、マイクロバイオームや小児期ワクチンに対する免疫系の応答性が、出生時の分娩方法によって異なるという可能性が示唆されている。ただし、抗体レベルの違いが免疫防御量とどのように対応するのかという点は、今回の研究では分かっていない。

The type of delivery method at birth, either vaginal or by caesarean section, is associated with changes to the infant gut microbiome and responsiveness to certain childhood vaccines, reports a Nature Communications paper. The findings suggest that vaginal birthing resulted in a microbiota composition associated with an increase in a specific type of antibody response to two routine childhood vaccines in healthy babies compared to caesarean section.

Childhood vaccines aim to confer protection from a range of infectious diseases associated with childhood. How well these vaccines interact with and induce immune responses is critical to the level of protection generated in the infant. The microbiome is known to play a role in immune responses to vaccination. However, the relationship between early-life and its effect on the intestinal microbiota composition and subsequent childhood vaccine responses remains poorly understood.

Debby Bogaert and colleagues examined 101 infants, born either vaginally or via caesarean section, and assessed their intestinal microbiome over the first 12 months of life. They also assessed antibody responses to two routine childhood vaccines directed against respiratory pathogens, the pneumococcal and meningococcal vaccines, at 12 and 18 months after birth. The authors found that birth via vaginal delivery was associated with increased levels of Bifidobacterium and Escherichia coli in the gut microbiome in the first months of life, and higher IgG antibody responses against both vaccines. Importantly, they showed that the microbiome mediated the link between mode of delivery and the pneumococcal vaccine responses, compared to caesarean section.

The findings suggest that the mode of delivery at birth may result in alterations of the microbiome and the responsiveness of the immune system to childhood vaccines. However, how the difference in antibody levels correspond to the amount of immune protection remains to be addressed.

doi: 10.1038/s41467-022-34155-2

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度