Research press release

考古学:新石器時代の食生活に関する識見を深める

Nature Communications

Archaeology: Dishing up insights into Neolithic diets

新石器時代の紀元前3600~3300年に英国スコットランドのアウターヘブリディーズのコミュニティーで小麦が消費されていた可能性があることが、この地域で出土した土器の残骸によって示されたという見解を示す論文が、Nature Communications に掲載される。この知見は、小麦を乳製品と一緒に調理して、乳を使った薄い粥やポリッジが作られていた可能性があることを示している。

栽培化された植物や家畜化された動物が初めて消費されたのは、紀元前4000年頃の英国とアイルランドだった。英国とアイルランドの全土で見つかっている植物考古学的遺物からは、穀物が消費されていたことが示唆されているが、さまざまな食の伝統があったため、穀物の重要性には地域差があった可能性がある。植物考古学的証拠があるにもかかわらず、新石器時代の土器から穀物を加工していた痕跡を見つけ出すことは困難な課題だった。

今回、Simon Hammannたちは、アウターヘブリディーズにある新石器時代の4つの湖上住居(人工島/半人工島)から回収した土器を分析した。Hammannたちは、今回の分析のためにさまざまな土器の破片(壊れた土器素材)を59個選び出した。これらの土器には、ヘブリディーズの伝統的な壺形土器(baggy jar)の畝模様のあるタイプとないタイプ、Unstan式の椀形土器(溝模様のある浅い椀)と段付きの椀形土器が含まれている。そして、ガスクロマトグラフィーと高分解能質量分析を用いて、これらの土器遺物に含まれていた有機物残渣の分析が行われ、穀類の分子バイオマーカーが検出された。この結果は、これらの土器を用いて小麦や他の食品が調理されていたことを示している。Hammannたちは、新石器時代のこの地域の食事には、以前に考えられていたよりも多くの小麦が使われていた可能性があり、乳製品と一緒に調理して、おそらく乳を使った薄い粥やポリッジの一種が作られていた可能性のあることが以上の結果から明らかになったという見解を示している。さらにHammannたちは、土器の大きさとその使用方法との間に強い関連性があり、乳製品に関連した口の狭い土器があったことを指摘している。

Hammannたちは、今回の研究に基づいて、新石器時代のアウターヘブリディーズのコミュニティーにおける食事において、小麦が、以前考えられていたよりも大きな役割を果たしていた可能性があり、この発見は、アウターヘブリディーズの初期の農耕コミュニティーでの生活を解明する上で役立っているという考えを示している。

Pottery remains from the Scottish Outer Hebrides indicate that Neolithic communities in the region may have been consuming wheat between 3600–3300 BCE, a Nature Communications study suggests. The findings indicate that wheat may have been cooked with dairy products to produce a milk-based gruel or porridge.

The consumption of domesticated plants and animals first emerged in Britain and Ireland around 4000 BCE. Neolithic archaeobotanical remains from across Britain and Ireland suggest cereals were being consumed, but there may have been regional variations in their importance within different culinary traditions. Despite archaeobotanical evidence, finding traces of cereal processing in Neolithic pottery has been challenging.

Simon Hammann and colleagues analysed pottery recovered from four Neolithic crannogs (artificial/semi-artificial islands) in the Outer Hebrides. They selected 59 sherds (broken ceramic material) from a range of pottery for their analysis, including traditional Hebridean ridged and non-ridged baggy jars, as well as ‘Unstan’ type bowls (shallow bowls with grooved patterning) and shouldered bowls. Gas chromatography and high resolution mass spectrometry were then used to analyse organic residues from these pottery remains. The authors detected molecular biomarkers for cereals, indicating wheat, and other foods that were cooked in the vessels. They suggest that this shows wheat may have been more present in Neolithic diets in this region than previously thought and may have been prepared with dairy products, perhaps as a type of milk-based gruel or porridge. Additionally, the authors indicate that there is a strong link between the size of the pottery and its use, with smaller-mouthed vessels associated with dairy products.

Based on their research, Hammann and co-authors propose that wheat may have played a larger role than previously thought in the diets of Hebridean Neolithic communities and the findings shed further light on the lives of early farming communities in the Outer Hebrides.

doi: 10.1038/s41467-022-32286-0

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度