Research press release

微生物学:ファージ療法が汎薬剤耐性細菌感染症の治療に役立つ

Nature Communications

Microbiology: Bacteriophage therapy helps treat pan-drug resistant bacterial infection

ファージ療法と抗生物質の投与を併用することで、汎薬剤耐性の肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)による骨折関連感染症の患者(30歳女性)の状態が著しく改善したことを報告する論文が、Nature Communications に掲載される。今回の症例研究は、薬剤耐性細菌感染症に対するファージ療法の有望性を実証している。

汎薬剤耐性細菌(別名「スーパー耐性菌」)は、市販されている全ての抗菌薬に対して耐性を示し、この細菌による感染症は、治療選択肢が限定されるため、公衆衛生上の脅威が増している。代替的治療法としては、ウイルスの一種で、細菌に感染して死滅させるバクテリオファージを用いる方法がある。

今回、Anaïs Eskenaziたちは、自爆テロの被害者で、汎薬剤耐性肺炎桿菌による骨折関連感染症を起こし、ほぼ2年間の抗生物質療法が奏功しなかった30歳女性の症例において、6日間のファージ療法を実施した結果を報告している。Eskenaziたちは、患者から採集した肺炎桿菌株に特異的なバクテリオファージを選定し、肺炎桿菌を最も適切に死滅させるように適応させた。そして、この前適応したバクテリオファージ(創傷部位への局所的塗布)と抗生物質を併用して治療が行われた。3か月後、患者の全身状態は改善し、創傷部位は治癒過程にあり、細菌感染の証拠は得られなくなった。そして、ファージ-抗生物質併用療法から3年後、患者は運動能力を回復し、スポーツ行事に参加できるようになった。

Eskenaziたちは、今回の症例研究は、ファージ療法の可能性を実証しているが、治療の複雑な個別化が必要となる可能性が高く、より大きな患者群への適用には困難が伴うと結論付けている。

Combining bacteriophage therapy with antibiotics markedly improved the condition of a 30-year-old patient with a fracture-related, pan-drug-resistant Klebsiella pneumoniae infection, according to a study in Nature Communications. This case study demonstrates the promise of bacteriophage treatments for drug-resistant bacterial infections.

Pan-drug-resistant bacteria — or ‘superbugs’ — are resistant to all commercially available antimicrobial agents and are an increasing public health threat as treatment options are limited. An alternative approach is to use bacteriophages, a type of virus that infects and kills bacteria.

Anaïs Eskenazi and colleagues report the results of a six-day course of bacteriophage therapy for a 30-year-old female victim of a bombing with a fracture-related, pan-drug-resistant Klebsiella pneumoniae infection for whom antibiotic treatment had failed for nearly two years. The authors selected and adapted a bacteriophage for optimal killing of the bacteria, specific to the strain of Klebsiella pneumoniae that had been recovered from the patient. A combination of this pre-adapted bacteriophage — applied locally to the wound — and antibiotics were used. Three months later the patient’s general condition had improved, the wound was healing and no evidence of bacterial infection was found. Three years after the phage-antibiotic combination treatment, the patient had regained mobility and was able to participate in sporting events.

Although this case study demonstrates the potential of bacteriophage therapy, complex personalization of treatment is likely necessary, making application for larger patient groups challenging, the authors conclude.

doi: 10.1038/s41467-021-27656-z

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度