Research press release

気候変動:北極域の降雨量が以前の想定よりも急速に増えるという予測

Nature Communications

Climate change: Arctic rainfall predicted to increase faster than expected

このほど実施されたモデル化研究から、北極域の降雨量が、これまで考えられていたよりも速いペースで増加するという予測が明らかになった。この知見を報告する論文が、Nature Communications に掲載される。今回の研究では、北極域の総降雨量が、これまで考えられていたより数十年も早く北極域の降雪量を上回り、気候、生態系、社会経済にさまざまな影響を及ぼす可能性のあることが示唆された。

北極域は、世界中の他のほとんどの地域より温暖化のペースが速いことが知られており、この地域内で環境の大きな変化が起こっている。北極域の降雨量が、21世紀のある時点で降雪量を上回ることを示唆する研究報告があるが、この移行がいつ起こるのかは明らかになっていない。

今回、Michelle McCrystallたちは、第6期結合モデル相互比較計画(CMIP6)の最新の予測を用いて、2100年までの北極域の水循環の変化を評価した。その結果、降水量(降雨量、降雪量など)が全ての季節で増加するという予測結果が得られた。北極域では、季節や地域にもよるが、降雨が主たる降水形態になる時期が、以前のモデルで示唆されていたよりも10~20年早くなると予測された。このことは、温暖化の激化と海氷減少の加速に関連している。例えば、以前のモデルでは、北極海中央部で降雨が主たる降水形態に移行するのが2090年と予測されていたが、最新モデルでは、この移行が2060/2070年になると予測されている。McCrystallたちは、この移行が起こる気温閾値が、以前のモデルの予測よりも低くなる可能性があり、グリーンランドなど一部の地域では気温上昇が1.5℃であっても移行が起こり得るという考えを示している。

McCrystallたちは、北極域で降雨が主たる降水形態になると、氷床の融解、河川、野生動物の個体群に影響を及ぼし、社会、生態系、文化、経済にとって重要な意味を有するため、気候変動緩和政策の厳格化が必要だと主張している。

The amount of rainfall in the Arctic may increase at a faster rate than previously thought, according to a modelling study published in Nature Communications. The research suggests that total rainfall will supersede snowfall in the Arctic decades earlier than previously thought, and could have various climatic, ecosystem and socio-economic impacts.

The Arctic is known to be warming faster than most other parts of the world, leading to substantial environmental changes in this region. Research suggests that there will be more rainfall than snowfall in the Arctic at some stage of the 21st century, but it is not yet clear when this shift will occur.

Michelle McCrystall and colleagues used the latest projections from the Coupled Model Intercomparison Project (CMIP6) to assess the changes in the Arctic water cycle by the year 2100. The authors found that precipitation, such as rainfall and snowfall, is projected to increase in all seasons. Rainfall is projected to become the dominant form of precipitation one to two decades earlier than previous models suggested, depending on the season and region, linked to increased warming and a faster decline of sea ice. For example, previous models projected the central Arctic to transition to a rainfall-dominated region in 2090, but it is now predicted to transition in 2060/2070. The authors suggest that a transition to a rainfall-dominated Arctic could occur at lower temperature thresholds than previous models projected, even at 1.5°C warming in some regions, such as Greenland.

The authors argue that more stringent climate mitigation policies are required, as a rainfall-dominant Arctic would have impacts on ice sheet melting, rivers and wild animal populations, and have important social-ecological, cultural and economic implications.

doi: 10.1038/s41467-021-27031-y

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度