Research press release

ヒトの進化:アフリカからの人類の移動には気候上の制約があった

Nature Communications

Human evolution: Climate restrictions influenced migrations out of Africa

ホモ・サピエンスがアフリカから移動する際に利用できた時期と経路は、気候の影響を受けていたことを示唆する論文が、Nature Communications に掲載される。今回の研究は、現生人類の分散における古気候の変動性の役割を強調しており、ホモ・サピエンスの進化史を理解する上で役立つ可能性がある。

初期人類がアフリカから他の地域に移動したと一般的に考えられているが、これに関連する化石や古代のDNAが稀少であるため、ユーラシアへの移動の時期や経路については論争がある。

今回、Robert Beyer、Andrea Manicaたちは、古気候の再構築結果と狩猟採集民が生存するために最低限必要な降雨量の推定値を用いて、アフリカからユーラシアへの移動を容易にする良好な気象条件と十分な降雨量が得られる時期と経路を評価した。著者たちのシミュレーションによって示唆された推定時期と推定経路は、考古学的証拠と遺伝学的証拠との整合性が認められ、このため過去30万年間にアフリカからの移動が複数回起こった可能性が示唆された。ホモ・サピエンスは、初期のいくつかの移動の波では、ユーラシアに永住できず、その後の約6万5000年前に、より大きな規模の移動の波が起こって移住に成功した。著者たちは、その理由として、南西アジアの厳しい環境条件、アフリカからの移住者の到着が断続的だったことと、他のヒト族との競争の可能性を挙げている。

著者たちは、今回の研究で、ホモ・サピエンスがアフリカから移動することが気候的に可能だった時期が実証されたと結論付けている。ただし、そうした時期に実際に移動があったかどうかを調べるためには、さらなる研究が必要とされる。

Climate influenced the timing and routes available to Homo sapiens as they migrated out of Africa, a Nature Communications study suggests. The research, which highlights the role of palaeoclimate variability in modern human dispersals, could aid our understanding of Homo sapiens’ evolutionary story.

It is accepted that early humans migrated out of Africa, but due to a scarcity of relevant fossils and ancient DNA, the timings and routes of their expansion into Eurasia are contested.

Robert Beyer, Andrea Manica and colleagues use paleoclimate reconstructions and estimates of the minimum amount of rainfall required by hunter-gatherers to survive, to evaluate when, and where, expansions out of Africa might have been facilitated by favourable weather conditions and wet corridors into Eurasia. The estimated timings and routes suggested by their simulations are compatible with archaeological and genetic evidence, suggesting multiple migrations out of Africa may have occurred over the last 300,000 years. The authors suggest that challenging environmental conditions in southwest Asia, the intermittent arrival of humans from Africa, and possible competition with other hominins, may explain the failure of early waves of Homo sapiens to settle permanently in Eurasia before a larger, highly successful wave of migration, around 65,000 years ago.

The authors conclude their research demonstrates when it would have been climatically feasible for Homo sapiens to migrate from Africa. However, further research is needed to explore whether these opportunities were seized.

doi: 10.1038/s41467-021-24779-1

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度