Research press release

天文学:恒星間彗星「2I/ボリソフ」は他のどの彗星とも似ていない

Nature Communications

Astronomy: Interstellar comet 2I/Borisov is like no other comet

恒星間彗星2I/ボリソフは、太陽系内で観測された他のどの彗星よりも原始的であることを報告する論文が、今週、Nature Communications に掲載される。また、2I/ボリソフ周辺の塵の特徴が、太陽系彗星で観測された塵の特徴と異なることを明らかにした論文が、Nature Astronomy に掲載される。これら2編の論文で報告された特徴は、2I/ボリソフが恒星間で形成されたことを裏付けている。

これまでに我々の太陽系内で観測された恒星間天体は2つしかない。最初に観測された1I/オウムアムアには小惑星の特徴が見られ、2番目に観測された2I/ボリソフには彗星活動を示す証拠がある。これまでに実施された2I/ボリソフのスペクトル観測では、太陽系の彗星と類似したスペクトル特性が明らかになったが、2I/ボリソフの核を取り囲む塵粒子の特徴は解明されていない。

今回Nature Communications に掲載された論文で、Stefano Bagnuloたちは、2I/ボリソフのコマ塵粒子によって散乱された光の偏光度を測定し、2I/ボリソフの物理的特性を推論した。その結果、2I/ボリソフの偏光度は太陽系内の典型的な彗星で測定された偏光度よりも高いことが判明した。2I/ボリソフに似た偏光特性を持つ唯一の天体はC/1995 O1彗星(ヘール・ボップ彗星)だが、2I/ボリソフのコマ塵粒子によって散乱された光の偏光度は一定で、ヘール・ボップ彗星や他の多くの彗星と異なっていた。このことは、2I/ボリソフが典型的な彗星よりも原始的な天体であることを示唆している。この観測結果は、2I/ボリソフが太陽や他の恒星の近くを通過したことがない可能性を示している。Bagnuloたちは、2I/ボリソフは初めて観測された真の原始彗星である可能性があると結論付けている。

また、Nature Astronomy に同時掲載される論文では、Bin Yangたちが、2I/ボリソフの塵のコマに含まれる塵は半径約1ミリメートル超の「小石」のような塵粒子で構成されており、これは、太陽系の彗星に典型的に見られる微粒子が緩く凝集した状態とは異なると報告している。この小石のような塵粒子は、2I/ボリソフの母惑星系における衝突の結果だと考えられ、2I/ボリソフが崩壊する小石の雲の中で形成されたことを示唆している。

また、Nature Astronomy に同時掲載される論文では、Bin Yangたちが、2I/ボリソフの塵のコマに含まれる塵は半径約1ミリメートル超の「小石」のような塵粒子で構成されており、これは、太陽系の彗星に典型的に見られる微粒子が緩く凝集した状態とは異なると報告している。この小石のような塵粒子は、2I/ボリソフの母惑星系における衝突の結果だと考えられ、2I/ボリソフが崩壊する小石の雲の中で形成されたことを示唆している。

Interstellar comet 2I/Borisov is more pristine than any other comet observed in the Solar System, reports a study in Nature Communications this week. The characteristics of the dust surrounding 2I/Borisov are shown to differ from those found in Solar System comets in a separate paper published in Nature Astronomy. The characteristics reported in these two papers support an interstellar origin for 2I/Borisov.

Only two interstellar objects have been observed within our Solar System to date. The first, 1I/’Oumuamua has asteroid characteristics; the second, 2I/Borisov, shows evidence of cometary activity. Previous spectral observations of interstellar comet 2I/Borisov revealed spectral properties similar to those of Solar System comets, but characteristics of the dust particles that surround the nucleus have been unknown.

In the first paper, Stefano Bagnulo and colleagues measured the polarization of light scattered by the coma dust grains of interstellar comet 2I/Borisov to derive its physical characteristics. They find that the polarization of comet 2I/Borisov is higher than that measured for typical comets within our Solar System. The only object with similar polarimetric properties is comet C/1995 O1 (Hale-Bopp). However, unlike Hale-Bopp and many other comets, the polarized light from the coma of interstellar comet 2I/Borisov is uniform, which suggests that it is a more pristine object than typical comets. This observation indicates that comet 2I/Borisov may have never passed close to the Sun or any other star. 2I/Borisov may represent the first truly pristine comet observed, the authors conclude.

In the second paper, Bin Yang and colleagues report that the dust in the dust coma of interstellar object 2I/Borisov consists of compact “pebbles” (exceeding ~1 mm radius), differing from the loose aggregates typically found in Solar System comets. This compact dust is thought to be a result of impacts in the comet’s home system, and suggests that 2I/Borisov formed in a collapsing pebble cloud.

After the embargo ends, the full papers will be available at:

Nature Communications: https://www.nature.com/articles/s41467-021-22000-x
Nature Astronomy: https://www.nature.com/articles/s41550-021-01336-w

Additional information, including images and videos, about this research is available from the European Southern Observatory at https://urldefense.proofpoint.com/v2/url?u=https-3A__www.eso.org_public_news_eso2106_&d=DwIGaQ&c=vh6FgFnduejNhPPD0fl_yRaSfZy8CWbWnIf4XJhSqx8&r=_nFMf8QbHMB7ni-_C0Yw0VKx5qA48tnCdCMvwPMyE2Q&m=gUiWdcBBh-pOn87TR0ZN2hKWk2On2IV_4W8hJ4g7UX8&s=LHivvLY45aLCTBINc3V2eA2I9Zn26Vh5mvvTyzLt8_4&e= . This page can be accessed with the credentials — login: embargo password: thevTaun — from Friday 10am London time. If you need access to the materials before hand, please contact Bárbara Ferreira at press@eso.org.

doi: 10.1038/s41467-021-22000-x

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度