Research press release

疫学:男性のCOVID-19重症化リスクは女性より高いことが世界規模の症例解析で明らかに

Nature Communications

Epidemiology: Global analysis finds male patients are at higher risk of severe COVID-19

このほど全世界の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)症例の300万例以上の解析が行われ、男性患者が集中治療室へ入室する必要が生じる確率は、女性の約3倍に達することが示唆された。また、男性患者の方がCOVID-19による死亡リスクが高いことも判明した。この研究結果について報告する論文が、Nature Communication に掲載される。

COVID-19は男性患者において重症化しやすいという偏りを示唆する証拠が得られているが、全世界で集めたデータの大規模解析による検証を経ていない。

今回、Kate Webb、Claire Deakinたちの研究チームは、政府のウェブサイトと既発表文献から得た2020年1月1日〜6月1日の92件の報告書のメタ解析を行い、性別がSARS-CoV-2感染のリスク因子なのかどうか、そしてCOVID-19による死亡率を調べた。今回の解析の対象となったのは、世界46か国と米国44州の合計311万1714件の症例で、それぞれ性別が記録されていた。その結果、このサンプル中の重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)感染患者の割合に男女差はないことが判明した。しかし、COVID-19のために集中治療室に入室する確率は、男性患者の方が女性患者よりも2.84倍高く、COVID-19によって死亡する確率も男性患者の方が1.39倍高かった。

Webbたちは、今回観察された結果の要因の1つが免疫応答の性差である可能性が高いという見解を示している。しかし、他の生物学的要因と性別に基づく併存症も影響を及ぼしている可能性がある。さらなる研究が必要だが、Webbたちは、今回の研究で得られたデータはCOVID-19の臨床管理と緩和戦略に重要な意味を持つと主張している。

A global analysis of over three million cases of COVID-19, suggests that male patients with the disease are almost three times more likely to require admission to intensive care than female patients. The study, published in Nature Communications, also finds that male patients have a higher risk of death from COVID-19.

Evidence suggests that there is a bias towards increased disease severity from COVID-19 in male patients. However, this has not been validated in a large-scale analysis of global data.

In a meta-analysis of 92 reports from between 1 January 2020 and 1 June 2020 obtained from government websites and published literature, Kate Webb, Claire Deakin and colleagues investigated whether sex was a risk factor for SARS-CoV-2 infection, and mortality from COVID-19. In total, their analysis included 3,111,714 cases, where sex was recorded, from 46 countries and 44 states in the United States. The authors found that there was no difference in the proportion of male and female patients who were infected with SARS-CoV-2 in their sample. However, male patients were found to have increased odds (2.84 times higher) of being admitted to an intensive care unit as a result of COVID-19. The odds of death from COVID-19 were 1.39 times higher for male patients in their sample than females.

The authors suggest that differences in the immune responses of different sexes are likely to be a factor in the results they observed. However, other biological factors and sex-based co-morbidities may also have an influence. The authors argue that although further studies are needed, these data have important implications for the clinical management of COVID-19 and mitigation strategies.

doi: 10.1038/s41467-020-19741-6

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度