Research press release

翼竜類の歯から分かった食物の好み

Nature Communications

Pterosaur teeth reveal dietary preferences

翼竜類の歯に残された跡の研究から、翼竜類が進化の過程で、多種多様な食物を摂取するようになったことを明らかにした論文が、今週、Nature Communications に掲載される。今回の研究は、翼を持つ爬虫類である翼竜類の進化と、翼竜類がさまざまな生態系で果たした役割について解明を進める上で役立つ。

食物を噛んだ時、食物に歯型が残るのと同様に歯にも跡が残る。歯に残る跡は、食物によって異なるため、こうした跡を用いて、さまざまな動物の食生活を推測できる。今回、Jordan Bestwickたちの研究チームは、17属のさまざまな翼竜の歯の化石に残されたマイクロメートル以下の跡のパターンを分析した。飛行捕食者だったこれらの翼竜は、2億1000万年~6600万年前の中生代に生息していたが、その食餌について知られていることは比較的少ない。

今回の研究では、多彩な情報が得られた。例えば、ディモルフォドンはさまざまな脊椎動物を餌とし、ランフォリンクスは魚類を食べ、アウストリアダクティルスは甲虫や甲殻類などの「硬い」無脊椎動物を食べていた。獲物の範囲が非常に限定された翼竜がいた一方、広食性捕食者の翼竜もいた。翼竜類の祖先種は、無脊椎動物を食べていたが、その後、魚や肉を食べるように進化したとされた。Bestwickたちは、こうした変遷が、中生代末期にかけて多様化した鳥類との競争によって引き起こされた可能性があると考えている。

Pterosaurs evolved to eat a diverse range of foodstuffs, according to a study of the marks on their teeth, reported in Nature Communications this week. The research helps shed light on the evolution of these iconic winged reptiles, as well as the roles they had within their different ecosystems.

Just as teeth leave marks in the food that is bitten, so too, food can leave marks on the teeth that do the biting. Different foods leave different impressions, and so can be used to infer the diet of various animals. Here, Jordan Bestwick and colleagues analyse the sub-micrometre patterns left on the fossil teeth of various pterosaurs belonging to 17 different genera. These flying predators lived during the Mesozoic period, between 210 and 66 million years ago, but relatively little is known about their diet.

The study presents a varied picture. Dimorphodon, for example, ate a mix of vertebrates, Rhamphorhynchus ate fish, and Austriadactylus ate ‘hard’ invertebrates such as beetles and crustaceans. Some pterosaurs specialized on a narrow range of prey, whereas others were more generalist predators. It is thought that ancestral pterosaurs ate invertebrates, and then later evolved into fish- and meat-eaters. The authors suggest that this transition may have been driven by competition with birds, which were diversifying towards the end of the Mesozoic period.

doi: 10.1038/s41467-020-19022-2

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度