Research press release

惑星科学:チクシュルーブ・クレーターを生み出した小惑星の衝突軌跡を突き止める

Nature Communications

Planetary science: Determining the trajectory of the Chicxulub impact

メキシコにあるチクシュルーブ・クレーターは、小惑星が水平面に対して45~60度というかなり大きな角度で衝突したことによって形成されたことを報告する論文が、Nature Communications に掲載される。

チクシュルーブ・クレーターの形成につながった約6600万年前の小惑星の衝突は、地球の環境に壊滅的な影響を与え、ほぼ同時期に起きた大量絶滅事象に関連すると広く信じられている。しかし、この小惑星の衝突軌跡については、いまだに議論が続いている。

今回、Gareth Collinsたちの研究チームは、チクシュルーブ・クレーターの形成をシミュレートしたモデルを使って、小惑星が飛来した方角と衝突角度を決定した。Collinsたちは、4種類の衝突角度(90度、60度、45度、30度)を考慮した3D数値シミュレーションを用いた。Collinsたちは、このデータと地球物理学的観測に基づいて、北東方向から飛来した小惑星が急角度(水平面に対して45~60度)で衝突し、チクシュルーブ・クレーターが形成されたという見解を示している。また、Collinsたちは、この衝突角度であれば、クレーターから放出された物質がほぼ対称的に分布し、衝突した小惑星の質量当たりの気候変動ガス放出量が他の検証対象シナリオの場合よりも多かったと考えられると主張している。

The Chicxulub crater in Mexico was formed by a steeply inclined (between 45 and 60 degrees to the horizontal) asteroid impact, reports a study in Nature Communications this week.

The asteroid impact that formed the Chicxulub crater (approximately 66 million years ago) had a catastrophic effect on the Earth’s environment, and is widely believed to be related to the mass extinction event that occurred around the same time. However, the impact trajectory is still debated.

Gareth Collins and colleagues used a model that simulated the formation of the Chicxulub crater to determine the direction the asteroid came from and the impact angle. They used 3D numerical simulations considering 4 different impact angles: 90, 60, 45 and 30 degrees. Based on this data and geophysical observations, the authors suggest that the crater was formed by a steeply inclined (45–60 degrees from the horizontal) impact from the north east. The authors argue that the impact angle produced a nearly symmetrical distribution of ejected material from the crater formed, and would have released more climate-changing gases per impactor mass than the other scenarios tested.

doi: 10.1038/s41467-020-15269-x

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度