Research press release

生態学:ブタクサの生物学的防除によるブタクサアレルギーの低減

Nature Communications

Ecology: Biological control of common ragweed may reduce allergies

ブタクサ(Ambrosia artemisiifolia)が引き起こすアレルギーには、ヨーロッパの約1350万人がかかっており、年間74億ユーロ(約8900億円)相当の医療費が発生しているという研究結果を報告する論文が、Nature Communications に掲載される。今回の研究では、ブタクサハムシ(Ophraella communa)を用いたブタクサの生物学的防除によってブタクサの花粉の影響を受ける人数とそれに関連した経済的費用を低減できる可能性のあることも示唆された。

外来植物種(例えば、ブタクサ)は、生態系に著しい影響を及ぼし、相当な経済的費用を発生させる可能性があるが、そうしたことが人間の幸福にどのような影響を及ぼすのかは十分に解明されていない。

今回、Urs Schaffnerたちの研究チームは、ヨーロッパの花粉モニタリングプログラムのデータを用いて、2004~2012年のヨーロッパにおける季節的積算花粉放出量のマップを作製し、ヨーロッパ人集団におけるブタクサ感作率を判定した。Schaffnerたちの推定によれば、2013年に予期せぬブタクサハムシの到来があるまでに1350万人が季節性のブタクサ花粉アレルギーの影響を受け、年間約74億ユーロの経済的費用が発生していた。Schaffnerたちは、ヨーロッパにおけるブタクサハムシの好適な生息域でのブタクサハムシの世代数をモデル化し、ブタクサの生物学的防除によってブタクサアレルギーを起こす人数を年間約1120万人に、医療費を年間64億ユーロ(約7700億円)に削減できると予測している。

Schaffnerたちは、今回の研究による公衆衛生費用の推定額が以前に報告された推定額を上回っている点を指摘し、特定外来生物種によって実際に必要となる費用と特定外来生物種の管理による恩恵が過小評価されているという考えを示している。

Allergies caused by common ragweed (Ambrosia artemisiifolia) affect around 13.5 million people in Europe, which results in 7.4 billion Euros worth of health costs per year, according to research published in Nature Communications. The study also suggests that the biological control of ragweed using the leaf beetle Ophraella communa could reduce the number of people affected by the pollen and the associated economic costs.

Invasive plant species (such as common ragweed) have a significant effect on ecosystems and can lead to substantial economic costs, but their impact on human well-being is not fully understood.

Using data from the European pollen monitoring programme, Urs Schaffner and colleagues mapped seasonal total ragweed pollen in Europe from 2004–2012. From this they determined ragweed sensitization rates in the European population. They estimate that 13.5 million people were affected by seasonal ragweed pollen allergies, with economic costs of approximately 7.4 billion Euros per year, prior to the unintendend arrival of O. communa in Europe in 2013. By modelling the number of generations of O. communa across its suitable habitat range in Europe, the authors project that biological control of common ragweed could reduce the number of people with an allergy to the ragweed to approximately 11.2 million and the health costs to 6.4 billion Euros per year.

The authors note that their estimated public health costs are higher than previously reported and suggest that the actual cost of invasive alien species and the benefits from their management are underestimated.

doi: 10.1038/s41467-020-15586-1

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度