Research press release

【地球科学】地球最古の衝突構造

Nature Communications

Earth science: Earth’s oldest known impact structure revealed

オーストラリアの西オーストラリア州に保存されている直径70 kmのヤラブッバ・クレーターが、2億年以上前の衝突構造であり、地球最古のものであることを示唆する証拠を詳細に記述した論文が掲載される。クレーター内にあった衝撃鉱物の地質学的な年代測定が行われ、この地点で22億2900万年前に隕石が衝突したことが明らかになった。

地球の表面はテクトニクスと浸食によって絶えず変化しているため、非常に古い衝突クレーターの同定が難しくなっている。これまでに20億年以上前の衝突噴出物がオーストラリアとアフリカの一部で発見されたことが報告され、年代測定が行われたが、それに対応する衝突クレーターの同定ができなかった。このヤラブッバの衝突構造は、地球最古のものの1つと考えられているが、今までのところ正確な年代はわかっていない。

今回、Timmons Ericksonたちの研究チームが、ヤラブッバの衝突構造内で、衝撃によって再結晶化した鉱物を分析したところ、衝突事象の正確な年代(22億2900 ± 500万年)が明らかになった。Ericksonたちは、このヤラブッバの衝突構造の年代が、この地域の氷期と一致していることを指摘している。また、今回の研究では、衝突の数値シミュレーションが行われ、ヤラブッバの衝突構造を生み出した隕石が大陸の氷床に衝突した場合には、87兆~5000兆キログラムの水蒸気が大気中に放出され、地球の気候を変える役割を果たした可能性のあることが明らかになった。

Evidence suggesting that the 70-km wide Yarrabubba crater in Western Australia may be Earth’s oldest preserved impact structure by over 200 million years is detailed in a paper published in Nature Communications. Geological dating of shocked minerals within the crater reveals that a meteorite hit the site 2.229 billion years ago.

The Earth has a continually changing surface due to tectonics and erosion, which means that very old impact craters are difficult to identify. Although impact ejecta material older than two billion years has previously been reported and dated in parts of Australia and Africa, the corresponding impact craters could not be identified. The Yarrabubba impact structure is regarded as one of Earth’s oldest, but until now has lacked a precise age.

Timmons Erickson and colleagues analysed shock-recrystallized minerals within the Yarrabubba impact structure, which reveal a precise age for the impact event: 2.229 billion years ± 5 million years. The authors note that this new date for Yarrabubba coincides with a period of glaciation in the same region. Numerical impact simulations reveal that if the Yarrabubba-forming meteorite collided into a continental ice sheet, it could have released between 87 trillion and 5,000 trillion kilograms of water vapour into the atmosphere, potentially playing a role in modifying Earth’s climate.

doi: 10.1038/s41467-019-13985-7

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度