Research press release

【気候科学】中国がパリ協定で示した約束は果たされるのか

Nature Communications

Climate science: China's ability to meet Paris Agreement targets evaluated

中国の二酸化炭素排出量は2030年より前にピークに達する可能性が高いことが、現行の二酸化炭素排出量削減政策の分析から示唆されることを報告する論文が、今週掲載される。ただし、今回のモデル化研究は、パリ協定で示された中国の約束が果たされるのは、現行の全ての政策の完全かつ有効な実施、発電部門の改革の完了、および中国全土での排出量取引制度の完全実施の全てが実現した時に限られると結論付けている。

中国はパリ協定で、二酸化炭素排出量は2030年頃をピークとし、一次エネルギー消費において非化石燃料が占める割合を2030年までに20%に増やすという約束を示した。

今回、Fang Zhang、Kelly Sims Gallagherたちの研究グループは、中国の現在の気候政策がこうした約束を実現するために十分なのかを調べるため、中国内外のエネルギー政策と気候政策の専門家(計18人)に対するアンケート調査の結果とモデル化手法とを組み合わせて用いて、政策の有効性を調べた。著者たちのモデルに含まれる14種の政策介入(例えば、発電部門の改革、省エネ基準、林業政策など)を分析した結果、現行の政策と発表済の政策が完全実施されることを前提条件として、中国の二酸化炭素排出量のピークが早まる可能性が高いことが明らかになった。また著者たちは、非化石燃料が占める割合を20%に増やすという目標を達成するには、発電部門の改革によって電力部門を二酸化炭素から脱却させる政策が2027年までに完全実施される必要があるという見解も示している。

著者たちは、今回のモデルに一定数の政策が組み込まれているのは、個々の政策の効果にある程度の不確実性があるためだと指摘し、二酸化炭素排出量のピークが前倒しになる可能性が高いと考えられるが、気を緩める余地はほとんどないと結論付けている。

China’s carbon emissions are likely to peak before 2030, suggests an analysis of current emission-reduction policies published in Nature Communications. However, the modelling study concludes that China’s commitments, as laid out in the Paris Agreement, will only be met if there is full and effective implementation of all current policies, successful conclusion of power-sector reform, and full implementation of China's national emissions-trading system.

Under the Paris Agreement, China committed to a peak in carbon emissions around 2030 and to increase the share of non-fossil fuels in primary energy consumption to 20% by 2030.

To determine if current climate policies are sufficient to enable China to meet these targets, Fang Zhang, Kelly Sims Gallagher and colleagues combined survey results from 18 experts on China’s energy and climate policies with a modelling approach to investigate their effectiveness. By analysing 14 policy interventions in their model (including power sector reform and efficiency standards and forestry policy), the authors found that an early peak in carbon emissions is likely assuming full implementation of existing and announced policies. They also suggest that power-sector reform to decarbonize the electricity sector needs to be fully implemented by 2027 in order to achieve the 20% non-fossil energy target.

The authors note that the number of policies included in the model means that there is a degree of uncertainty regarding the effects of individual policies. Although an early peak in carbon emissions seems likely, they conclude that there is little room for complacency.

doi: 10.1038/s41467-019-09159-0

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度