Research press release

【動物学】鳥の鳴き声は統語規則に従っている

Nature Communications

Zoology: Birds chirp to the rules of syntax

シジュウカラ(Parus minor)が発声のいろいろな要素を組み合わせて、そこから複合的な意味を引き出していることを報告する論文が掲載される。この合成的統語というプロセスは、これまでヒトの言語においてのみ記録されていたが、動物のコミュニケーションがこれまで考えられていた以上に複雑なものである可能性が今回の研究で明らかになった。

シジュウカラ科の鳥類は、異なる種類の音素(例えば、A、B、C、D)によって構成される構造的に複雑な発声(例えば、「チッカ」または「チッカ・ディー」という鳴き声)をする。シジュウカラの鳴き声のレパートリーには、10種以上の音素があり、単独で用いる場合と複数の音素を組み合わせて用いる場合がある。シジュウカラは、2種類の「チッカ」(捕食者に近づかないように警告するための'ABC'と配偶相手に近づくように伝えるための'D')を発することが知られているが、こうした鳴き声を意味があるように組み合わせることができるのかどうかは分かっていなかった。

今回、鈴木俊貴(すずき・としたか)たちは、シジュウカラ科の鳥類の鳴き声のレパートリーをさまざまに組み合わせた録音を同種の野生種に聴かせて、その応答を観察した。その結果、この野生種が、ABCの鳴き声とDの鳴き声から異なる意味を引き出し、ABC-Dという組み合わせの鳴き声からは複合的な意味を引き出したことが判明した。実際、ABC-Dを聴いた野生種は、水平線を見渡して捕食者がいないかどうかを確かめる行動と音素が聞こえるスピーカーに近づく行動の両方をとり、ABCの鳴き声とDの鳴き声のいずれか一方だけを聴いた野生種が、それぞれの鳴き声に対応した行動をとるのと同様の結果になった。これに対して、音素の順序を人工的に逆転させた場合(‘D-ABC’)には、野生種の鳥は、水平線を見渡すこともスピーカーに近づくこともしなかった。この結果は、音素によって伝達される情報が、具体的な音素の順序に関する規則に従って組み合わされていることを示している。

今回の研究結果は、鳥類における合成的統語の存在を示す実験的証拠であり、合成的統語は、数少ない鳴き声のレパートリーによって伝達できる意味の数を増やす方法として進化した可能性が非常に高い。

Japanese great tits (Parus minor) are able to combine distinct elements of their vocalizations together and extract a compound meaning from them, finds a study in Nature Communications. This process, known as compositional syntax, had previously only been recorded in human language, and shows that animal communication may be more complex than previously thought.

Birds within the family Paridae produce structurally complex vocalizations (such as ‘chicka’ or ‘chick-a-dee’ calls) that are composed of different note types (such as A, B, C and D). Japanese great tits have more than ten note types in their vocal repertoire, which they use either on their own or in combination with one another. They are known to produce two distinct types of ‘chicka' call - 'ABC' in order to warn off predators, and 'D' in order to signal a mate to approach - but whether they can meaningfully combine these calls was previously unknown.

Toshitaka Suzuki and colleagues played recordings of different combinations of tits' vocal repertoire to birds of the same species in the wild in order to observe their responses. They find that the birds extract different meanings from ABC and D calls, and a compound meaning from ABC-D calls. In fact, birds that listened to the combined ABC-D call were just as likely to both scan the horizon for predators and approach the loudspeaker as other birds were to display either one of these two behaviours when listening to the ABC call or the D call alone, respectively. However, birds rarely scanned and approached when the note ordering was artificially reversed (‘D-ABC’). This indicates that the information conveyed by the notes is combined through a specific note-ordering rule.

These results present experimental evidence for compositional syntax in birds, which most likely evolved as a way of increasing the number of meanings that can be conveyed by a limited vocal repertoire.

doi: 10.1038/ncomms10986

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度