Research press release

【動物学】ライバルの視線を察するワタリガラス

Nature Communications

Zoology: Ravens know when they are being spied on

ワタリガラスは、競争相手の姿が見えなくても、その競争相手が何を見ているのかを推測できることを明らかにした論文が、今週掲載される。この研究結果は、カラス科の鳥類がいわゆる「心の理論」(自分以外の個体の精神状態を予測する能力)を持っているという学説を裏付けている。こうした能力は、これまでヒトとヒト以外の霊長類だけのものと考えられていた。

鳥類に基礎的な心の理論があるのかどうかを検証しようとした過去の研究によって、アメリカカケスが、備蓄しておいた食料を盗むかもしれない競争相手の鳥に見られていると推測できることが判明している。しかし、そうした研究では、重要被験体のアメリカカケスが、手掛かりとなる競争相手の注視を観察している可能性(例えば、競争相手の視線をたどって、その先に食料があることを確認している可能性)を無視できなかった。

今回、Thomas Bugnyarたちの研究グループは、競争相手の姿が見えない条件下に置かれたワタリガラス個体の食物貯蔵行動を観察することで、この可能性を無視することができた。今回の研究では、完全に壁に囲まれ、小さなのぞき穴だけがついた実験場にワタリガラス個体を入れ、のぞき穴の反対側で別のワタリガラスが発する音の録音を再生して、このワタリガラス個体が他者に見られている可能性をシミュレートした。

ワタリガラスの音を再生したところ、実験場内のワタリガラス個体は、のぞき穴を通して競争相手に見られている可能性がある状況下でのやり方で食物を貯蔵し、生きている鳥の姿が完全に見えるようにした場合にも同じやり方で食物を貯蔵した。この結果は、ワタリガラスが、手掛かりとなる他の鳥の行動を解釈し、それに応答するだけでなく、自らの経験を一般化していることを強く示唆している。

Ravens are able to infer what a competitor might be able to see, even when they are unable to see the other raven themselves, finds a study in Nature Communications. This provides support to the notion that members of the crow family possess a so-called ‘Theory of Mind’ - the ability to predict the mental state of other individuals - which was once thought to be confined only to humans and non-human primates.

Previous studies testing whether birds might possess a basic Theory of Mind found that scrub-jays are able to infer that they are being watched by competitor birds who might steal their stores of hidden food. However, these studies have been unable to discount the possibility that focal individuals might be following gaze cues from competitor birds, for example by following their line of sight to the food.

Thomas Bugnyar and colleagues discount this possibility by observing individual ravens' food-hiding behaviour when they are unable to see a competitor. By placing an individual raven in a study area that is completely enclosed except for a small peephole, they simulate the possibility that the individual is being observed by playing the recorded sound of another raven on the other side of the peephole.

When the sound is played, the individual raven hides its food in a way that is consistent with the possibility of it being observed by a competitor through the peephole, and it does the same when provided with full visual access to a live bird. This strongly suggests that ravens make generalizations based on their experience, and do not merely interpret and respond to behavioural cues from other birds.

doi: 10.1038/ncomms10506

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度