Nature Reviews Earth & Environment について


Nature Reviews Earth & Environment は、2020年1月から月刊誌として創刊する新しいオンライン限定ジャーナルです。

地球および環境科学の全領域にわたる研究の、最新の進歩と時を得た総合的な話題を対象とします。分野は、気象と気候、地表過程および固体地球に属するか、またはそれらに関連する領域を含みます。環境と社会の間の相互関係も本誌では扱います。この広範な範囲と扱いやすいフォーマットにより、本誌に掲載される研究は可能な限り広い読者に届くはずです。

扱う問題は大まかに以下のテーマに分かれています。

  • 気象と気候:気候システムに影響を及ぼす物理過程とその自然および社会システムへの影響(例えば、適応、大気科学、気候科学、雪氷圏、力学、影響、気象学、緩和、海洋学、および古気候学)
  • 地表過程:地球表層の形状、物理過程、組成、機能、相互作用および変動(例えば、生物地球化学、生物圏、地形学、水文学、陸水学、汚染、資源、堆積学および土壌学)
  • 固体地球:地球の地殻、マントルおよび核の組成、構造、力学および性質(例えば、地球化学、災害、地質学、地球物理学、水文地質学、鉱物学、岩石学、資源、地震学、層序学、構造地質学、および火山学)

地球および環境研究の学際的性質に適応させるために、総合的なReviewsが強く推奨されます。さらに、物理的環境との人間の相互作用を考えれば、社会的な意義(持続可能性、政策あるいは経済的視点による)もまた特別に扱われることとなります。

Nature Reviews Earth & Environment は、オンライン限定の月刊ジャーナルです。 Reviews (総説) は、掲載準備が整い次第出版が可能で、著者は出版日をより速く、また読者は受理された論文を当該号に掲載されるよりも数週間速く読むことが可能です。オンラインで出版された論文は最終版なので、修正はaddendum、corrigendumあるいはerratumの出版のみにより可能であり、著者は校正刷の正確性に努める必要があることに注意してください。

掲載するコンテンツは、地球および環境科学の顕著な進歩と、話題となった問題を詳しく解説したReviews、Perspectives、Technical Reviews along with Comments、News & Views、FeaturesおよびResearch Highlightsです。

社内の編集者、美術編集者、製作編集者および校正者から成る編集チームが著者と共に作業を行い、信頼できる、読みやすい、高品質の記事を作成します。(プロセスについては、Visual summary of the editorial processをご覧ください。)

Nature Reviews Earth & Environment のコンテンツの多数は(コンテンツの種類をご覧ください)編集者から依頼されるものとなりますが、提案は歓迎いたします。オンライン投稿システムからご投稿ください。 提案のやり方についてのアドバイスはblog postをご覧ください。

他のNature 関連誌と同様、Nature Reviews Earth & Environment にも外部の教育機関の編集委員はおりません。あらゆる編集上のすべての判断は、研究や編集に相応の経歴をもった専門のエディターからなる専任チームにより行われます。編集チームの研究分野および科学的興味についてはAbout the Editorsをご覧ください。

編集に関する一般的なお問い合わせ:nree@nature.com

投稿論文の進捗状況に関するお問い合わせ:nree@nature.com

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度