Communications Materials は、Nature Researchが提供する選りすぐりのオープンアクセス・ジャーナルで、材料科学の全分野における高品質な論文・総説・論評を出版します。本ジャーナルで出版される論文は、特定の研究分野の重要な進展情報です。本ジャーナルは、基礎研究、応用研究いずれの出版にも等しく関心を寄せています。Communications Materials は、材料科学にオープンアクセスの選択肢を提供する一方で、Nature Communications をはじめとするNatureブランドのジャーナルよりも影響度と重要度に関して緩やかな基準を適用することによって、他のNature Researchジャーナルを補完します。

最新Research

光起電人工網膜は失明網膜におけるシングルピクセル刺激に対する高分解能応答を回復させる

Photovoltaic retinal prosthesis restores high-resolution responses to single-pixel stimulation in blind retinas

掲載

人工網膜が直面している大きな課題は、広い視野にわたって神経細胞を活性化できることである。本論文では、10,000個以上のピクセルを持つ光起電人工網膜上膜が、広い網膜カバー範囲とシングルピクセル照明を示し、マウスモデルにおいて高空間分解能の識別が可能になっている。

オペランド電子スピン共鳴によって識別されたMoS2薄膜トランジスターにおけるスピン状態

Spin-states in MoS2 thin-film transistors distinguished by operando electron spin resonance

掲載

スピン状態の特性を特定することは、見込まれるMoS2薄膜トランジスターの磁気的応用の理解に不可欠である。本論文では、電子スピン共鳴を用いて、デバイス動作中に、MoS2における伝導電子と原子空孔のスピン状態が識別され、調べられている。

その他の「最新Research」

Communications Materials注目のハイライト

その他のハイライト

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Communications Materials に関する投稿方法をご案内いたします。

投稿案内

投稿サイト

プライバシーマーク制度