Communications Materials は、Nature Researchが提供する選りすぐりのオープンアクセス・ジャーナルで、材料科学の全分野における高品質な論文・総説・論評を出版します。本ジャーナルで出版される論文は、特定の研究分野の重要な進展情報です。本ジャーナルは、基礎研究、応用研究いずれの出版にも等しく関心を寄せています。Communications Materials は、材料科学にオープンアクセスの選択肢を提供する一方で、Nature Communications をはじめとするNatureブランドのジャーナルよりも影響度と重要度に関して緩やかな基準を適用することによって、他のNature Researchジャーナルを補完します。

最新Research

スピン状態のオペランド観測によるペロブスカイト太陽電池の劣化機構

Deterioration mechanism of perovskite solar cells by operando observation of spin states

掲載

ペロブスカイト太陽電池は、電力変換効率が大幅に改善されてきたが、内因的な劣化がまだ明らかにされていない。本論文では、オペランド電子スピン共鳴を用いてスピン状態の数が調べられ、その変化と動作中のデバイス性能が関係付けられている。

環境研究用の14C-標識ポリスチレンナノプラスチックの合成

Synthesis of 14C-labelled polystyrene nanoplastics for environmental studies

掲載

ナノプラスチックは重大な環境リスクであり、ナノプラスチックがどこでどのようにして環境中に放出されるかを把握することが重要である。本論文では、環境研究に使用できる放射性標識ナノポリスチレンをワンステップで合成する簡便な方法が報告されている。

その他の「最新Research」

Communications Materials注目のハイライト

その他のハイライト

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Communications Materials に関する投稿方法をご案内いたします。

投稿案内

投稿サイト

プライバシーマーク制度