Communications Materials

Communications Materials は、Nature Researchが提供する選りすぐりのオープンアクセス・ジャーナルで、材料科学の全分野における高品質な論文・総説・論評を出版します。本ジャーナルで出版される論文は、特定の研究分野の重要な進展情報です。本ジャーナルは、基礎研究、応用研究いずれの出版にも等しく関心を寄せています。Communications Materials は、材料科学にオープンアクセスの選択肢を提供する一方で、Nature Communications をはじめとするNatureブランドのジャーナルよりも影響度と重要度に関して緩やかな基準を適用することによって、他のNature Researchジャーナルを補完します。

最新Research

シリコン基板上にエピタキシャル成長させた全窒化物超伝導量子ビットのコヒーレンス増強

Enhanced coherence of all-nitride superconducting qubits epitaxially grown on silicon substrate

掲載

長いコヒーレンス時間は、超伝導量子ビットの重要な特性であるが、従来のAl系ジョセフソン接合では微視的2準位系によって制限されている。本論文では、Si 上のNbN系量子ビットによってこの制約が克服されることが見込まれ、エネルギー緩和時間T1 = 16.3 μs、スピンエコー位相緩和時間T2 = 21.5 μsが示されている。

植物葉面上でのセンシングおよび送達のための植物様フック付き小型マシン

Plant-like hooked miniature machines for on-leaf sensing and delivery

掲載

in situ植物応用向けの小型システムは、自然生態系の理解と保護に重要である。本論文では、生物に着想を得たマイクロフックを植物の葉の表面に取り付けることが検討され、状態モニタリングや分子送達向けに植物葉面上で動作するソフトマシンが作製されている。

その他の「最新Research」

Communications Materials注目のハイライト

その他のハイライト

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Communications Materials に関する投稿方法をご案内いたします。

投稿案内

投稿サイト

プライバシーマーク制度