Communications Materials

Communications Materials は、Nature Researchが提供する選りすぐりのオープンアクセス・ジャーナルで、材料科学の全分野における高品質な論文・総説・論評を出版します。本ジャーナルで出版される論文は、特定の研究分野の重要な進展情報です。本ジャーナルは、基礎研究、応用研究いずれの出版にも等しく関心を寄せています。Communications Materials は、材料科学にオープンアクセスの選択肢を提供する一方で、Nature Communications をはじめとするNatureブランドのジャーナルよりも影響度と重要度に関して緩やかな基準を適用することによって、他のNature Researchジャーナルを補完します。

最新Research

再構成可能かつリサイクル可能なソフトエレクトロニクスに向けた自己治癒液体金属複合材料

Self-healing liquid metal composite for reconfigurable and recyclable soft electronics

掲載

フレキシブルなエレクトロニクスデバイスへの関心が高まっているが、そうしたデバイスは柔らかい性質を持つため損傷を受けやすい。本論文では、液体金属-エラストマー複合材料が自己治癒することが示されている。また、この複合材料は、電気抵抗をあまり変化させずに1200%伸長可能であり、導電回路の再構成を可能にする。

軟X線による接着界面の物理的・化学的画像化

Physical and chemical imaging of adhesive interfaces with soft X-rays

掲載

ポリマー複合材料の接着メカニズムは、接着によって結合界面が埋もれてしまうため、理解が困難である。本論文では、軟X線を用いて界面の化学的・物理的性質が調べられ、接着メカニズムや結合強度に影響を及ぼすマルチスケール因子が明らかになっている。

その他の「最新Research」

Communications Materials注目のハイライト

その他のハイライト

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Communications Materials に関する投稿方法をご案内いたします。

投稿案内

投稿サイト

プライバシーマーク制度