Communications Earth&Environment

Communications Earth & Environment は、Nature Researchが提供するオープンアクセス・ジャーナルで、地球、環境および惑星科学の全分野における高品質の研究、報告および論評を掲載します。ジャーナルが掲載する研究論文は、地球科学、惑星科学あるいは環境科学の専門的な分野に新たな見通しをもたらす顕著な最新の成果を提供するものです。

Communications Earth & Environment は、地球、環境及び惑星科学に対して高品質のオープンアクセス・オプションを提供し、Nature Communications を含むネイチャーの名を冠したジャーナルよりは、影響力や重要性に対してやや緩やかな基準が適用されることで、他のNature Researchのジャーナルを補完します。

最新Research

スマトラ島のトバ・カルデラの再噴火の始まりと高温のマグマの冷たい殻による準固化噴火

Resurgence initiation and subsolidus eruption of cold carapace of warm magma at Toba Caldera, Sumatra

掲載

スマトラ島のトバ・カルデラで、7万4千年前の破局的噴火に引き続いて起きたカルデラ形成後の噴火は、高温のマグマ貯留層の温度の低い領域の試料を含んでおり、その不均質性を示唆していると、熱年代学とベイズ統計を組み合わせた分析が示している。

姶良カルデラの爆発的なカルデラ形成噴火におけるマグマだまりの減圧

Magma chamber decompression during explosive caldera-forming eruption of Aira caldera

掲載

3万年前に日本の姶良火山噴火で起きたプリニー式噴火初期にマグマだまりで相当量の減圧が起きたことで、大きな地殻変動とカルデラ崩壊が生じたと、石英のくぼみの水含有量を分析した結果が示している。

その他の「最新Research」

Communications Earth&Environment注目のハイライト

その他のハイライト

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Communications Earth & Environment に関する投稿方法をご案内いたします。

投稿案内

投稿サイト

プライバシーマーク制度