Communications Earth & Environment は、Nature Researchが提供するオープンアクセス・ジャーナルで、地球、環境および惑星科学の全分野における高品質の研究、報告および論評を掲載します。ジャーナルが掲載する研究論文は、地球科学、惑星科学あるいは環境科学の専門的な分野に新たな見通しをもたらす顕著な最新の成果を提供するものです。

Communications Earth & Environment は、地球、環境及び惑星科学に対して高品質のオープンアクセス・オプションを提供し、Nature Communications を含むネイチャーの名を冠したジャーナルよりは、影響力や重要性に対してやや緩やかな基準が適用されることで、他のNature Researchのジャーナルを補完します。

最新Research

地球の生息可能性を決定するために偶然が果たす役割

Chance played a role in determining whether Earth stayed habitable

掲載

地球が30億年にわたり生息可能に保たれたかどうかは、おそらくは安定化のメカニズムによるだけではなく偶然であったと、ランダムに決められた気候フィードバックにより与えられた数千個の惑星のシミュレーション結果が示している。

海水面変動の別の側面

The other side of sea level change

掲載

内海や湖の水面は、21世紀にわたり気候変動に応答して、全球的に降下しており、時には劇的に降下が起きている。本稿では、カスピ海の事例に基づいて、人類、生物多様性および地政学的安定に対する脅威の意識啓発のための協調した運動について論じている。

その他の「最新Research」

Communications Earth&Environment注目のハイライト

その他のハイライト

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Communications Earth & Environment に関する投稿方法をご案内いたします。

投稿案内

投稿サイト

プライバシーマーク制度