Research press release

【人間行動】恋愛関係状態に関連する遺伝要因

Scientific Reports

Human behaviour: Genetic associations with relationship status

中国漢民族の大学生グループにおける恋愛関係状態の決定因子の1つがDNAである可能性を示唆する報告が、今週掲載される。恋愛行動は、脳内のセロトニン濃度と関連していることが判明しているが、今回の研究では、恋愛関係になる可能性がセロトニン受容体をコードする遺伝子の複数の多様体と関連していることが明らかになった。ただし、この新知見を別のグループの人々で再現できるかどうかは分かっていない点に注意する必要があり、恋愛関係の形成に遺伝要因が寄与していると考えられる反面、別の要因(例えば、社会的特質や個人的特質)によって遺伝要因が目立たなくなる可能性もあると著者は説明している。

今回、Xiaolin Zhouたちは、中国漢民族の大学4年生579名を対象として、5-HT1A(セロトニン濃度を低下させる受容体)をコードする遺伝子の変異の影響を調べた。特にZhouたちは、多型C-1019Gの2つの遺伝子多様体(GアレルとCアレル)に着目した。Gアレルは、Cアレルより5-HT1A濃度を大きく上昇させる。Zhouたちは、Gアレルを1コピーまたは2コピー有すると恋愛関係になる可能性が低くなることを明らかにした。Cアレルを2コピー有する者の50.4%が恋愛関係にあり、Gアレルを1コピー又は2コピー有する者の39.0%が恋愛関係にあったのだ。この関連性は、恋愛関係に影響する他の要因(例えば、社会経済的状況、外見、宗教的信念、子育てのスタイル、抑うつ症状)を考慮に入れた場合でも維持されると考えられている。

Zhouたちは、学生が恋愛関係になりたいという強い欲求を持っている点を強調しているが、その一方で、少なくとも中国の社会では、他の状況において、家族と社会からの圧力が恋愛関係の形成に影響を与える可能性があり、その場合にも5-HT1A遺伝子と恋愛関係状態の関連が維持されるかどうか分からない点も指摘している。

The relationship status of a group of Chinese Han college students may be determined, in part, by their DNA, suggests a study in Scientific Reports this week. Romantic behaviours have been associated with levels of serotonin in the brain, and the new study indicates that different versions of genes for a serotonin receptor are linked to likelihood of being in a relationship. However, the authors caution that it is unclear whether the findings might be replicated in other groups of people, and they explain that other factors, such as social and personal attributes, could overshadow the apparent genetic contribution to romantic relationship formation.

Xiaolin Zhou and colleagues investigate the effects of variation in the gene that codes for 5-HT1A - a receptor that lowers levels of serotonin - in 579 Chinese Han senior college students. Specifically, they look at two variants of a version known as polymorphism C-1019G: the G allele, which increases levels of 5-HT1A, relative to another variant called the C allele. The authors show that possessing one or two copies of the G allele is associated with a lower likelihood of individuals being in a relationship. They report that 50.4% of individuals with two copies of the C allele were in a relationship compared with 39.0% of individuals with either one or two copies of the G allele. The association seems to hold even after taking into consideration other factors that influence relationships, such as socioeconomic status, external appearance, religious beliefs, parenting style and depressive symptoms.

The authors emphasize that students in college have strong motivations to engage in relationships. They note that in other situations, at least in Chinese society, family and social pressures might affect the development of relationships, and it is not clear if the association between the 5-HT1A gene and relationship status would hold.

doi: 10.1038/srep07049

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度