Research press release

【惑星科学】対で旅する小惑星

Scientific Reports

Planetary science: Asteroids travelling two-by-two

スウェーデン中央部にある2つのクレーターは、約4億7000万年前に小惑星帯から離脱し、連星系になっていた1対の小惑星が作った可能性が最も高いという報告が今週掲載される。以前からこの2つのクレーターには関連があるとみられていたが、今回の研究はこの仮説を支持する新たな証拠となった。この発見により、密接に相互作用する物体が引き起こした衝突をより深く理解することが可能になり、また、クレーターの分析から連星系小惑星の性質についての手掛かりも得られる。

約4億7000万年前、小惑星帯の200km大の小惑星が衝突によって崩壊し、それが、地球の軌道と交差する軌道に多量の破片をもたらした。これまでの分析で、スウェーデン中央部の直径7.5kmのロックネ(Lockne)クレーターはこの崩壊でできた破片の地球衝突に関連していることが分かっている。また、その近くにある直径0.7kmのモリンゲン(Malingen)クレーターについての最近の研究結果は、これら2つのクレーターが密接に相互作用する破片によって形成された可能性を示唆した。

今回の研究を行ったスペイン国立航空宇宙技術研究所(マドリード)のJens Ormoらは、「2つのクレーター内の物質の地質学的分析結果は、2つのクレーターが同時にできたことを示している」と報告している。さらにOrmoらは、「クレーターの形状は、ばらばらになった破片が衝突したという仮説と矛盾せず、このため、この連星系は(多くの破片が重力によって1つになっている)ラブルパイル(破砕集積体)型小惑星だったのかもしれないと考えられる」と主張する。

地球近傍小惑星の観測によると、その約16%が対になって軌道上を進んでいるという。しかし、地球上で観測されている、対の小惑星によって同時に形成された可能性のあるクレーターのペアは少数であり、しかも、その大部分は本当にペアであるのか疑問視されている。今回の報告は、ロックネクレーターとモリンゲンクレーターは、1対の小惑星によって作られたことの証明になるとみられる。

Two craters in central Sweden were most likely caused by a pair of asteroids in a binary system that broke off from the Main Asteroid Belt around 470 million years ago according to a study in Scientific Reports this week. The connection between the two craters had been suspected, but new study adds evidence to support this theory. The findings provide insights into impacts caused by closely interacting objects, and analyses of the craters gives clues about the properties of binary asteroid systems.

Approximately 470 million years ago, the disruption of a 200 km-wide asteroid in the Main Asteroid Belt triggered an increased shower of fragments into Earth-crossing orbits. Previous analyses have linked the 7.5 km-wide Lockne crater in central Sweden to this family of projectiles, and the recent discovery of the nearby 0.7 km-diameter Malingen crater suggests that the two may have been produced by closely interacting projectiles.

Geological analyses of the material in the craters indicate that they occurred simultaneously, Jens Ormo and colleagues report. Moreover, the authors argue that shape of the craters are consistent with the impact of a fragmented projectile, leading them to propose that the binary system may have been a ‘rubble pile’ asteroid (made of many fragments held together by gravitational forces).

Observations of near-Earth asteroids indicate that around 16% travel in pairs; however, only a handful of potential crater pairs have been identified, of which most are still disputed. The evidence presented here seems to demonstrate that the Lockne and Malingen craters are companions produced by a pair of asteroids.

doi: 10.1038/srep06724

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度