Research press release

【遺伝】母系伝達される変異が寿命に影響を与える可能性

Scientific Reports

Genetics: Maternal mutations may affect lifespan

マウスにおいて母系伝達されるミトコンドリアDNA(mtDNA)の変異には寿命を短くする作用があるとする考え方が発表される。これまでの研究では、母系伝達されたmtDNA変異が一生にわたって健康全般に影響を及ぼすことを示唆する証拠が蓄積されているが、今回の研究でもそうした証拠が得られた。この結果を報告する論文が掲載される。

mtDNAは、大部分の遺伝物質と異なり、母方のみから受け継がれる。そして、ミトコンドリアの機能不全は、老化過程で重要な役割を担うと考えられており、これまでの研究では、受け継がれたmtDNA変異によってマウスの早期老化が起こることが明らかになっている。今回、Jaime Rossたちは、mtDNA変異によって老化の早期出現が起こるだけでなく、寿命の中央値も約30%短くなる可能性のあることを明らかにした。つまり、低レベルのmtDNA変異を有するマウスの平均寿命が100.2週であるのに対して、母親にmtDNA変異のないマウスの平均寿命が141.1週であることが判明した。以上のデータは、母系由来のmtDNA変異が健康全般と寿命に負の影響を及ぼすことを示唆している。

Maternally transmitted genetic mutations in the mitochondrial DNA (mtDNA) seem to shorten the lifespan of mice, a paper in Scientific Reports indicates. The findings add to a growing body of evidence that suggests maternally inherited mtDNA mutations can have life-long consequences on overall health.

Unlike most genetic material, mitochondrial DNA (mtDNA) is inherited exclusively from the mother. Mitochondrial dysfunction is thought to have an important role in the ageing process, and previous research has demonstrated that that inherited mtDNA mutations can cause premature ageing in mice. Jaime Ross and colleagues show that, in addition to causing the early onset of ageing, mtDNA mutations may reduce median longevity by around 30%. They show that mice burdened by only low levels of mtDNA mutations had a mean lifespan of 100.2 weeks, compared with 141.1 weeks for mice whose mothers lacked mtDNA mutations. Thus, these data suggest that maternally inherited mtDNA mutations can have an overall negative effect on health and lifespan.

doi: 10.1038/srep06569

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度