Research press release

【神経科学】青色で暖かさを感じる

Scientific Reports

Neuroscience: Feeling warmth with the blues

青色の物体を赤色のものよりも暖かく感じると示唆する論文が掲載される。これは、赤色が暖かさを感じさせ、青色が冷たさを感じさせるという従来の連想に反している。今回の発見は、対象物の特性を推測しようとする人間の脳が複数の感覚情報を統合する仕組みについて新たな洞察をもたらす可能性がある。

Hsin-Ni Hoたちは、12名の被験者に赤色または青色の物体の表面に触れたときに感じる温感を報告してもらった。暖かいと感じるためには、赤色の物体の温度は青色の物体に比べて平均して0.5℃高い必要があり、物理的に等しい温度では青色物体の方が赤色物体よりも暖かいと判断されやすいことを示している。Hoたちは、この結果は赤色物体は必然的に暖かめに感じるはずだという期待に起因しており、そのため青色物体は赤色物体に比べ暖かいと感じるための温度が低くなると示唆している。また研究では、物体に触れている手の色(青色または赤色を手に照射する)はその物体の暖かさをどのように感じるかに影響することがあるとも指摘している。実験の間、手の温度は一定に保ってあったが、赤色の手で触れると青色の手の場合よりも物体を暖かく感じ、これは手の感知温度と物体の感知温度との差異のためだとHoたちは説明している。

これらの結果は、人間の脳が、物体と手の温度についての事前の期待(色に付随した知覚に基づく)と実際の温感入力とを、期待に反する情報を強調して統合していることを示していると、Hoたちは結論を出している。

Blue objects feel warmer than red objects, a small study published in Scientific Reports suggests, opposing the prevailing association that reddish colours inducing warm feelings and bluish colours inducing cold feelings. These findings may provide insights into how our brain integrates the multisensory information when estimating an object property.

Hsin-Ni Ho and co-workers asked 12 participants to report the perceived temperature when touching the surface of a red or blue object. On average, temperatures of the red objects needed to be 0.5 degrees C higher than blue objects to feel warm, indicating that at the same physical temperature a blue object is more likely to be judged as warm than a red object. The authors suggest that outcome this due to expectations that a red object will inevitably feeler warmer in general, so it takes a lower temperature for the blue object to feel warm compared to the red. They also note that the colour of the hand (altered by projecting blue or red colours onto the hand) in contact with the object can impact how warm the object feels. Although hand temperatures remained constant throughout the experiments, objects felt warmer when touched with a red hand than a blue hand because of the perceived temperature difference between the hand and the object, the authors explain.

These results indicate that our brain integrates prior expectations about object and hand temperatures (based on perceptions associated with colour) with direct temperature inputs in a way that emphasizes unexpected information, the authors conclude.

doi: 10.1038/srep05527

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度