Research press release

【組織再生】治癒のアキレス腱

Scientific Reports

Tissue regeneration: Healing Achilles’ heel

マウスの腱損傷治療の方法に関する論文が、今週掲載される。人工腱の作製で胎仔マウスと成体マウスの繊維芽細胞(結合組織の細胞)を比較したところ、成体の細胞よりも胎仔の細胞を使用したときの方が、腱組織の再生が促されることが分かった。

腱の治癒には瘢痕形成が伴うことが多く、このために腱組織の機械的な強度が損なわれてしまう。成体の腱は再生によって回復することはないが、胎仔の腱は再生による回復が可能で瘢痕形成は起こらない。そこで、Xiao Chenたちは、腱治療に対する組織工学的なアプローチに使われるシード細胞に、胎仔の細胞が適しているかどうかを調べた。胎仔の繊維芽細胞から人工的に作製された組織を使ってマウスの損傷したアキレス腱を治療したところ、成体の繊維芽細胞から作製された組織よりも、構造的にも機械的にも優れた性質を示すことが明らかになった。

この手法に適したヒト胎児の繊維芽細胞は入手が難しいため、この技術をヒト細胞に適用する前に解決しなければならない問題がいくつかある、とChenたちは述べる。胎仔の繊維芽細胞が組織再生を高める仕組みを理解するには、さらなる研究が必要だと彼らは示唆する。今回の知見は、腱損傷治療のための新たな戦略を開発する助けになるかもしれない。

A method for treating tendon injuries in mice is published in this week’s Scientific Reports. The research compares fetal and adult mouse fibroblasts (connective tissue cells) for the fabrication of engineered tendons, and finds that tendon tissue regeneration is enhanced when using fetal cells rather than adult cells.

Tendon healing is often accompanied by the formation of a scar that impairs mechanical strength of the tissue. Adult tendons do not heal by a regenerative process, whereas fetal tendons can heal in a regenerative fashion without scar formation. Thus, Xiao Chen and colleagues investigated whether fetal cells may be suitable seed cells for tissue engineering approaches to tendon healing. They demonstrate that treatment of damaged mouse Achilles tendons with tissues engineered from fetal fibroblasts resulted in better structural and mechanical properties compared with tissues generated from adult fibroblasts.

The authors note that some issues need to be overcome before applying this technique to human cells, as suitable human fetal fibroblasts are difficult to obtain. They suggest that further investigations are needed to understand how fetal fibroblasts improve tissue regeneration. This information may assist in the development of future strategies to treat tendon injuries.

doi: 10.1038/srep05515

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度