Research press release

【化石】シルル紀の大型魚という大発見

Scientific Reports

Fossils: Large ancient fish is a prize catch

約4億2300万年前に生息していた魚の化石が発見され、その当時存在していた古代の生物に関する新たな手掛かりが得られた。この魚の体長は、約1メートルと推定され、現在知られている当時の脊椎動物(背骨のある動物)のいずれと比べてもはるかに大きい。これまで3億8000万年前より以前の岩石から大型魚の化石が見つかっていなかったため、当時は酸素濃度が低かったので成長が抑えられていたと考えられていた。今回の発見は、そうした仮説に対する反証となっている。

今回、Min Zhu、Brian Chooたちは、中国雲南省のシルル紀後期の堆積層から発掘された化石をもとにして、この新しい魚について記述している。この化石魚は、顎の長さが17センチと推定され、鋭くないが強靭な歯を持ち、殻の硬い獲物を食べるのに適していたという見方を論文著者は示している。こうした特徴は、この魚に付けられた名称であるMegamastax amblyodusに反映されている。これは、「大きな口と鋭くない歯」という意味のギリシャ語に由来している。

デボン紀(約3億5800万年~4億1900万年前)は、初期の有顎脊椎動物の体の大きさと多様性の点で主要な転換期だったと考えられている。例えば、大型の捕食魚類が初めて登場したのが、この時期だった。最近までは、デボン紀の前のシルル紀において最も大きな有顎脊椎動物の体長が約35センチとされていた。今回、体長1メートルのシルル紀の捕食魚が発見されたことは、デボン紀以前にも比較的大きい生物が存在していたことを示す証拠となっている。

Fossils of a fish that lived around 423 million years ago, described in Scientific Reports this week, provide new insights about the ancient creatures present at that point in history. With an estimated length of roughly 1 metre, the new form is far larger than any other vertebrate (backboned animal) known from that time. Previously, the apparent lack of large fishes in rocks over 380 million years in age was thought to indicate a restricted growth limit due to lower oxygen levels, but the new finding refutes that assumption.

Min Zhu, Brian Choo, and colleagues describe the new fish, based on fossils discovered in late Silurian sediments in Yunnan, China. The creature has an estimated jaw length of 17 cm with blunt, strong teeth, ideal for eating hard-shelled prey, the authors suggest. These features are reflected in the name assigned to this fish: Megamastax amblyodus, derived from Greek words meaning “big mouth, blunt tooth”.

The Devonian period (around 358-419 million years ago) has been considered to mark a major transition in the size and diversity of early jawed vertebrates, including the earliest appearance of large predatory fishes. Until recently the largest jawed vertebrates in the preceding Silurian period were roughly 35 cm in length. The discovery of a metre-long, predatory Silurian fish provides evidence that pre-Devonian creatures could attain comparatively large sizes.

doi: 10.1038/srep05242

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度