Research press release

【動物行動】ディーゼル排ガス汚染でミツバチが花のにおいを認識しづらくなる

Scientific Reports

Animal behaviour: Diesel exhaust pollution can throw bees off the scent

ミツバチに花のにおいを学習させた後、その花をディーゼル車の排気ガスに含まれる一般的な大気汚染物質にさらしたところ、ミツバチがその花のにおいを認識する能力が影響を受けたことがわかった。ミツバチは、餌にしている花を探し出し、識別し、認識する際に、花のにおいを役立てている。今回の研究を行ったTracey Newmanたちは、この認識能力の変化で、ミツバチの採餌効率が影響を受ける可能性があり、究極的には、ミツバチによる送粉サービスにも影響が及ぶ可能性があると推測している。

セイヨウミツバチ(Apis mellifera)の嗅覚は敏感で、新しいにおいを学習し、記憶する能力がずば抜けている。NOxガス(一酸化窒素と二酸化窒素)は、ディーゼルやその他の化石燃料の燃焼の結果生じる最も反応性の高いガスに分類されるが、特に都市部での二酸化窒素の排出量は、日常的に規制値を上回っている。

Newmanたちは、人工的にブレンドした花のにおいの成分がディーゼル排ガス汚染によって変化するかどうかを明らかにするための研究を行い、現実の環境で考えられる程度の濃度の高反応性ガスがその変化において果たす役割、そして、その変化がセイヨウミツバチの花のにおいブレンドの認識能力に及ぼす影響について調べた。

その結果、NOxガス、特に二酸化窒素が、セイヨウミツバチが餌とする花資源を見つける際に依存しているにおい認識過程を阻害する可能性が明らかになった。セイヨウミツバチは、花のにおいブレンドに含まれる化学物質のすべてを使って、さまざまな花のにおいブレンドを判別しており、今回の研究結果は、このブレンドに含まれる化学物質に重要性の高いものと低いものがあることも示唆している。

Exposure to common air pollutants found in diesel exhaust pollution can affect the ability of honeybees to recognize learnt floral odours, research in Scientific Reports this week suggests. Honeybees use floral odours to help locate, identify and recognize the flowers from which they forage. The authors speculate that these changes may potentially affect honeybees’ foraging efficiency and, ultimately, could affect the pollination services that these insects supply.

The honeybee (Apis mellifera) has a sensitive sense of smell and an exceptional ability to learn and memorize new odours. NOx gases (nitric oxide and nitrogen dioxide) represent some of the most reactive gases produced as a result of the combustion of diesel and other fossil fuels, but the emissions limits for nitrogen dioxide are regularly exceeded, especially in urban areas.

Tracey Newman and colleagues studied whether diesel exhaust pollution alters the components of a synthetic floral odour blend. They examined the potential role of highly reactive gases at environmentally relevant concentrations in such changes, and the potential effects the changes elicited could have on honeybee recognition of floral blends.

The results indicate that NOx gases - particularly nitrogen dioxide - may be capable of disrupting the odour recognition process that honeybees rely on for locating floral food resources. Honeybees use the whole range of chemicals found in a floral blend to discriminate between different blends, and the results suggest that some chemicals in a blend may be more important than others.

doi: 10.1038/srep02779

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度