Research press release

【気候科学】アルプス地方での冷夏と洪水頻発

Scientific Reports

Climate science: Do cool Alpine summers open the floodgates?

過去2,500年間のヨーロッパ・アルプス地方での豪雨事象が包括的に再構築され、洪水が頻発した時期と夏季の気温が低く推移した時期が一致する傾向が示唆されている。この研究結果は、気候変動下の異常気象の予測精度を高めるうえで役立つかもしれない。

全球的な気候変動の下で中央ヨーロッパの夏の平均気温は上昇し、夏季の総降水量は減少することが予測されている。これに対し、洪水の発生頻度も上昇する可能性があり、そうなれば、被災地域のコミュニティー、社会基盤と人命に対するリスクも上昇する。アルプス地方も例外ではない。しかし、豪雨事象といった異常気象の予測は難度が高い。

今回、Lukas Glurたちは、スイス・アルプス地方の10か所の湖の堆積物を調べて、放射性炭素分析による年代決定を行った。湖沼堆積物には、過去の洪水事象がそれぞれ独自の堆積層として残っているので、洪水活動が正確に反映されている。Glurたちは、冷夏の時に洪水が最も頻繁に起こる傾向を明らかにし、こうした高降水量と低温の同時発生のきっかけが大西洋と地中海上の低気圧の進路に緯度方向の変化が生じることだと考えている。今回の研究で示された古気候学的見方は、全球的な気候変動が異常気象事象に影響を及ぼす過程の解明に寄与し、今後の気候温暖化における洪水リスクの評価を改善できる可能性がある。

A comprehensive reconstruction of intense precipitation events in the European Alps over a 2,500-year period suggests that periods with a high flooding frequency tend to coincide with cool summer temperatures. The research, published in Scientific Reports this week, could help to improve projections of weather extremes under climate change.

Mean summer temperatures in Central Europe are projected to increase under global climate change, while summer precipitation totals are expected to decrease. Potential enhanced flood occurrence could also increase the risk to settlements, infrastructure, and human lives in the affected regions, including in the Alps. However, the frequency of climate extremes, such as intense precipitation events, is harder to predict.

Lukas Glur and colleagues examined sediment deposits from ten lakes in the Swiss Alps, which they dated using radiocarbon analysis. Lake sediments offer an accurate reflection of past flood activity, as they record individual events as distinct sediment layers. The authors show that floods tend to occur more frequently during cool summers, and they suggest that this wet-cold co-occurrence may be triggered by latitudinal shifts of Atlantic and Mediterranean storm tracks. The palaeoclimate perspective offered by the study could contribute to a better understanding of how global climate change might affect extreme weather events and improve flood-risk assessment in a future warmer climate.

doi: 10.1038/srep02770

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度