Research press release

【環境】気候変動によるリンゴの味と食感の変化

Scientific Reports

Environment: Climate change puts the crunch on apples

人気の果物であるリンゴの味と食感が、長期的な気候変動によって変化してきているらしい。これは、1970年代以降、日本国内の2か所のリンゴ園で行われてきた研究で示された結論である。

これまでの研究では、長期的な気候変動がリンゴのフェノロジー(成長と活動の季節パターンの変化)に影響を及ぼしてきたことが示されていた。つまり、気温と降水量の変化が、例えば、開花、発芽や満開の時期に影響を与えてきたのだ。気候変動の影響の定量化には困難を伴うことが多い。気候以外の要因による影響があり、栽培種と栽培管理法を長い間変えていないリンゴ園のデータが必要なためだ。

今回、杉浦俊彦(すぎうら・としひこ)たちは、最近の気候変動によってリンゴの味と食感が変化したのかどうかを調べるため、日本国内の2か所のリンゴ園で、世界的な主力栽培種の「ふじ」を含む2つのリンゴ品種(栽培種)の栽培試験を30~40年間にわたって実施した。その結果、収穫日を選定するために用いられる成熟度にかかわらず、酸濃度、果実硬度、みつ入りが次第に減少していることが明らかになった。杉浦たちは、早期開花や成熟期の高温が、この変化の原因だと考えており、もし開花時期がさらに早くなり、果実の成熟期の気温上昇がさらに進むと、リンゴの味と食感という属性の変化がもっと顕著になると推測している。

How do you like them apples? Long-term climate change may be altering the taste and texture of the popular fruit, according to a study of two Japanese orchards since the 1970s, published in Scientific Reports this week.

Previous research has indicated that long-term climate change has had an impact on apple phenology (variations in seasonal patterns of growth and activity): changes in temperature and rainfall have affected the timing of flowering, bud break and full bloom date, for instance. The effects of climate change can be hard to quantify, however, because of the influence of non-climate factors and the need for access to data from apple orchards where there have been no changes in cultivars and management practices for extended periods.

To determine whether apple taste and texture have undergone changes as a result of recent climate changes, Toshihiko Sugiura and colleagues carried out 30- to 40-year cultivation trials in two apple varieties (‘cultivars’) from two Japanese apple orchards, including the world’s leading cultivar, ‘Fuji’. The authors report decreases in acid concentration, fruit firmness and watercore development over time, regardless of the maturity index used to select harvest date. These changes may have resulted from the earlier blooming and higher temperatures observed during the maturation period, the authors suggest. With even earlier blooming dates and further temperature increases during the fruit maturation period, these changes in the taste and textural attributes of apples could become more pronounced, the authors speculate.

doi: 10.1038/srep02418

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度