Research press release

【金融ネットワーク】金融危機が起こると株式ポートフォリオがリスク分散に役立たなくなる理由

Scientific Reports

Financial networks: Why stock portfolios may not diffuse risk during a financial crisis

複雑系における相関の解明は、乱れに直面したときに重要な意味をもつ。複雑系の一例が、金融システムで、この場合には、金融危機が乱れに当たる。金融トレーダーは、一つの銘柄の株式だけを保有することに内在するリスクを減らそうとして、株式ポートフォリオを構築する。ポートフォリオに含まれる各銘柄の日々の株価変動が完全に同期する傾向がないため、リスクが低くなるのだ。今回、T Preisたちは、1939年3月から2010年の年末までのダウ・ジョーンズ工業株30種平均に含まれる銘柄の毎日の終値を解析した。その結果、市場に損失が生じている時期には、ポートフォリオを保護すると考えられている分散効果が破綻することが判明した。ポートフォリオの保護が最も重要となる時期であるにもかかわらず、である。

この新知見は、金融市場で著しい損失が生じているときに株式ポートフォリオにおける分散効果の破綻を予想するうえで役立つ可能性があり、これによって、潜在的リスクの評価の精度を向上させられるかもしれない。

A quantitative analysis of 72 years of financial data from the Dow Jones Industrial Average reveals that in times of financial crisis, stocks start to move in more synchronised fashion, increasing the risk of a stock portfolio. The research is published in the journal Scientific Reports this week.

Understanding correlations in complex systems, including financial systems, is important in the face of turbulence, such as in a financial crisis. Financial traders try to reduce the inherent risk of holding only one stock by building portfolios, which carry a lower risk, mainly because individual stocks do not tend to experience daily gains and losses in a completely synchronised manner. Tobias Preis and colleagues analyzed daily closing prices of the 30 stocks that form the Dow Jones Industrial Average, from March 1939 to the end of 2010. They find that the diversification effect that should protect a portfolio breaks down during times of market losses, just when this protection would be most critical.

The findings could be used to help anticipate diversification breakdowns in stock portfolios when financial markets are suffering significant losses, allowing a more accurate assessment of the potential risks.

doi: 10.1038/srep00752

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度