Research press release

【動物行動】捕食者の幼若体に仕返しをするダニの成体

Scientific Reports

Animal behaviour: Mites seek revenge on their childhood foes

被食者が成体になってから捕食者種の幼若体を捕食する率は、幼若期にこの捕食者種の成体と遭遇している場合の方が高いことが、捕食性ダニ種3種の研究によって示唆されている。この研究論文が、今週、Scientific Reportsに掲載される。

動物は、通常、捕食者と被食者に分類されるが、この役割が逆転する事例が数多く存在している。成体になった被食者が、攻撃を受けやすい幼若な捕食者を攻撃するのだ。このことは、被食者の一部が幼若期の捕食を免れて成体となって、幼若期の捕食者の命を奪う場合があることを示唆している。

今回、Y Choh、A Janssenたちは、ダニ種3種について研究し、被食者の幼若体を捕食者の成体と遭遇させると、成長後の被食者の行動に変化が生じることを明らかにした。捕食者と遭遇していた被食者が成長したとき、遭遇していない場合よりも捕食者の幼若体を殺す率が加速する傾向が判明したのだ。この攻撃は、幼若期に遭遇していた捕食者種を特異的に標的としており、被食者が捕食者種を認識することを示唆している。この研究結果は、被食者が、生態学的役割の逆転後、幼若期の経験に基づいて対捕食者行動を調節する可能性を示唆している。

Rates of predation by an adult prey on juveniles of a predator species are greater when the adult prey has been exposed as a juvenile to adults of this predator species, suggests a study of three predatory mite species published in Scientific Reports this week.

Animals are routinely categorised as predators and prey, but there are many examples of role reversals, where adult prey attack young, vulnerable predators, suggesting that some juvenile prey can avoid predation and become adults and kill juvenile predators.

Yasuyuki Choh, Arne Janssen and colleagues studied three mite species and show that exposing juvenile prey to adult predators results in behavioural changes later in life. After reaching adulthood, exposed prey tended to kill juvenile predators at a faster rate than prey that had not been exposed. These attacks were specifically aimed at predators of the species to which they had been exposed as a juvenile, suggesting that prey recognise these species. The results suggest that prey may be able to tune their antipredator behaviour based on juvenile experience after an ecological role reversal.

doi: 10.1038/srep00728

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度