Research press release

【音楽の進化】「歌は世につれ」と言うけれど

Scientific Reports

Music evolution: Does the song remain the same?

“Million Song Dataset”という音楽録音のデータセットに収められている楽曲の定量解析が行われ、現代ポピュラー音楽の進化の過程で出現した、いくつかのパターンが特定された。今回の研究では、過去50年間にポピュラー音楽の音量レベルが上がり、音高推移が抑制され、音色が均質化したことが示唆されている。この結果を報告する論文が、Scientific Reportsに掲載される。

音楽は、言語と同様に、文化的表現の重要な一形態だが、その根底にあるパターンが、長期的にどのように変化してきたのかについては解明が進んでいない。今回、J Serraたちは、Million Song Datasetを用いて研究を行った。Million Song Datasetには、1955~2010年の音楽録音について、音高、音色と音量に関するデータが収められており、ポップスからロック、ヒップホップと多彩な音楽ジャンルをカバーしている。Serraたちは、現代の欧米ポピュラー音楽における音高、音色と音量の一般的な利用の特徴を示す、いくつかの統計的パターンと指標について報告している。これらのパターンの多くは、50年以上にわたって変化しておらず、この種の音楽の作曲では、既存の型にはめようとする傾向のあることが示唆されている。また、これに加えて、ポピュラー音楽の進化における3つの重要なトレンド(抑制的な音列、音色の同質化、平均音量の増加)も観察された。

この結果をもとに、Serraたちは、現代の技術を用いて昔の楽曲を再録音し、その際に、音量を上げ、コード進行を少し単純化し、新しい楽器の音色を加えれば、斬新で時代感覚に合った曲と受け取られる可能性があるという見方を示している。今後、過去の音楽のデータベースをさらに開発すれば、音楽史上の大きな転機を定量化し、特定のジャンルやアーティストの特徴の進化という、捕らえにくいテーマを解明できるようになるかもしれない。

A quantitative analysis of songs in the Million Song Dataset reveals a number of emerging patterns in the evolution of contemporary popular music. The study, published in Scientific Reports, suggests that over the past 50 years pop songs have become louder, their pitch has become more restricted and their timbre more homogenized.

Like language, music is an important form of cultural expression, but the long-term variations of the underlying patterns remain poorly understood. Joan Serra and colleagues studied the Million Song Dataset, which includes descriptions of the pitch, timbre and loudness of musical recordings from 1955 to 2010, spanning a variety of genres, from pop and rock to hip hop. They report several statistical patterns and metrics characterizing the general usage of pitch, timbre and loudness in contemporary western pop music. Many of these patterns have remained stable over a period of more than 50 years, suggesting a tendency towards conventionalism in the creation of this type of music. But the authors also observed three important trends in the evolution of popular music: the restriction of pitch sequences, the homogenization of timbre and an increasing average loudness.

The authors suggest this means that an old tune rerecorded using modern techniques that allow for increased loudness and with slightly simpler chord progressions and new instrument sonorities could be perceived as novel and fashionable. The development of further historical music databases could allow the quantification of major transitions in the history of music and the discovery of more subtle evolving characteristics of particular genres or artists.

doi: 10.1038/srep00521

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度