Research press release

人為的撹乱によって分断される生態系の相互作用連鎖

Scientific Reports

Ecology: Breaking the chain

太平洋の遠く離れた環礁における生態系の相互作用連鎖の研究が行われた。森林の転換などの人為的な撹乱によって、複数の生態学的相互作用の間の結びつきが損なわれ、その結果、この連鎖が大幅に短縮され、あるいは消滅してしまう可能性が示唆されている。詳細を報告する論文が、Scientific Reportsに掲載される。

人間が生物多様性に及ぼす影響は、通常、種の豊富さ(種数)の減少によって評価される。それと同じ程度に重要な尺度だが測定の難しいのが、人為的な生態系相互作用の消滅だ。今回、D McCauleyたちは、太平洋中央部のパルミラ環礁における生態系の連鎖に焦点を当てた研究を行った。この生態系連鎖は、人為的な撹乱で変化してしまった生息地と比較的撹乱の少ない区域によって構成されており、生態系連鎖に対する人為起源の影響評価に適している。McCauleyたちは、ここに長い生態系相互作用連鎖が継続的に存在しており、樹木とオニイトマキエイが、海鳥種、森林、土壌、栄養素の流出、プランクトン群集のそれぞれの変化を介してつながっていることを報告している。今回の研究結果では、この複雑な相互作用連鎖が、パルミラ環礁の中でも人為的撹乱が比較的少なく、自然の保護されている区域で維持されている一方で、天然の樹木が伐採され、その後ヤシが植林された区域では、相互作用連鎖が急速に破壊されたことが明らかになった。

ほかの地域の生態系の観察結果でも、数多くの長い生態系相互作用連鎖が人為的撹乱の影響を受けやすい可能性が示されている。ただし、その影響の程度は、撹乱の性質と生態系の特性によって異なると考えられる。今後、このほかに残っている「手付かずの環境」に関する調査が進めば、この種の環境変化が生態系の連鎖状態に与える影響の重要性がさらに解明されるだろう。

A study of ecosystem interaction chains in a remote atoll in the Pacific Ocean suggests that human disturbances, such as forest conversions, can corrupt the links that tie together ecological interactions and cause the chains to become radically shortened or go extinct. The research is published in the journal Scientific Reports.

Human impact on biodiversity is usually measured by decreases in species abundance or richness. Equally important, but harder to measure, is the anthropogenic elimination of ecological interactions. Douglas McCauley and colleagues conducted a focused study of ecosystem connections at the Palmyra Atoll in the central Pacific Ocean, which comprises both habitats that have been altered by human disturbances and relatively undisturbed areas, allowing the evaluation of anthropogenic influences on ecosystem chains. They report the persistence of a long ecosystem interaction chain, which links trees to manta rays via changes to seabirds, forests, soils, nutrient runoff and plankton communities. The results show this complex interaction chain is maintained by the relative lack of human disturbance in the better protected parts of the atoll, whereas in regions where native trees have been replaced by human-propagated palm trees, the chain readily breaks down.

Observations from other systems suggest that many long ecological interaction chains may be vulnerable to anthropogenic disturbances, although the effects will depend on the nature of the perturbation and the properties of the system. Further investigation of remaining pristine environments will add to our understanding of the implications of this type of environmental change on ecosystem connectedness.

doi: 10.1038/srep00409

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度