Research press release

【神経科学】共感やシステム化といった形質がオキシトシンの向社会的作用に及ぼす影響

Scientific Reports

Neuroscience: Empathy and systematizing traits may influence oxytocin’s prosocial effects

オキシトシン(別名「抱擁物質」)の行動的影響と神経生理的影響は、個人の共感指数とシステム化指数、それに、それぞれの状況の感情的側面によって異なるらしい。今回、Scientific Reportsに発表される菊知充(きくち・みつる)たちの研究では、オキシトシンによる向社会的行動の調節は、全員について起こるわけではなく、また、状況のすべての側面において起こるわけでもないことが示唆されている。ただし、この新知見については、もっと幅広い年齢層の男女を反映した参加者による大規模な研究による検証が必要とされる。

オキシトシンは、主に中枢神経系で合成されるホルモンで、人間の向社会的行動の発達に重要な役割を担うと考えられている。これまでの研究では、オキシトシンを投与することで、自閉症スペクトラム障害(ASD)の一部の症状を改善できる可能性のあることが明らかになっている。ASDは、社会的交流やコミュニケーションの障害と反復的行動を特徴とする。

今回、菊知たちは、脳の画像化技術の一つである脳磁図を用いて、被験者がさまざまな顔の表情(幸せそうな表情、怒った表情、無表情、あいまいな表情)を認知する際の扁桃体におけるオキシトシンの影響が、被験者の共感指数(EQ)、自閉症スペクトラム指数(AQ)、システム化指数(SQ)によってどのように異なるのかを調べた。20人の健康な男性が被験者となり、それぞれオキシトシン投与群とプラセボ投与群に無作為にグループ分けされ、EQ、AQとSQの測定が行われた。その結果、SQの高い場合とEQの低い場合、SQが高くEQの低い場合(ASD患者の共通特性)において、オキシトシンが向社会的な行動応答と神経生理応答を高める傾向が見られた。ただし、この傾向は、怒った表情を認知する際だけに見られ、他の表情の場合は見られなかった。

The behavioural and neurophysiological effects of the ‘cuddle chemical’ oxytocin may vary depending on an individual’s empathy and systematizing quotients and on the emotional context of the situation. The study, published in the journal Scientific Reports, suggests that oxytocin may not modulate prosocial behaviour in all individuals and in all contexts, but the findings need to be verified with a larger study with participants representing both genders and a greater range of ages.

Oxytocin is a hormone synthesized primarily in the central nervous system. It is thought to have an important role in the development of prosocial behaviour in humans and previous research has suggested that oxytocin administration may improve some symptoms of autism spectrum disorder (ASD), which is characterized by problems with social interactions and communication, and repetitive behaviour.

Mitsuru Kikuchi and colleagues used magnetoencephalography, a brain imaging technique, to study how an individual’s empathy quotient (EQ), autism spectrum quotient (AQ) and systematizing quotient (SQ) modulate the effects of oxytocin in the amygdala during the perception of happy, angry, neutral and ambiguous facial expressions. 20 healthy male participants were randomly assigned either to an oxytocin treatment group or to a placebo group and their EQ, AQ and SQ were measured. The authors found that oxytocin tended to enhance prosocial behavioural and neurophysiological responses in individuals with higher SQ scores and/or lower EQ scores (common traits of individuals with ASD) but only during the perception of angry faces and not other facial expressions.

doi: 10.1038/srep00384

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度