Research press release

ネットワーク:革命についてツイートすると…

Scientific Reports

Networks: Tweetin’ ‘bout a revolution

最近、アラブ世界や欧米で起こった民衆の抗議行動の波、例えば、2011年8月のロンドンでの暴動や今も続く「占拠」運動などでは、運動が急速に広がることが多くなったが、その一因がツイッターやその他のインターネット技術だとよく言われる。しかし、こうした技術によって行動への呼びかけが広まり、集団運動が組織化されていくメカニズムを示した経験的証拠はほとんどない。 今回、S Gonzalez-Bailon、Y Morenoたちのチームは、金融危機に対する政治的対応に対するスペインでの一連の抗議行動の時期(2011年5月)のツイッター活動のデータを調べた。そして、8万人のユーザーの投稿行動を調べ、抗議行動に関する約60万件のメッセージを追跡調査して、運動への動員と情報伝播の動態を分析した。その結果、Gonzalez-Bailonたちは、動員過程を主導した初期参加者のネットワーク内での位置に重要性がないという傾向を指摘し、むしろ重要なのは、情報を広範かつ迅速に広める責任を負い、ネットワークの中心部の近くで小規模なユーザーグループを形成する人々の位置だとする見方を示している。 ただし、今回の研究データは、ユーザーの人口統計情報やオフラインメディアへの露出といった点での補正を行っていないため、これらの要因について解明し、抗議行動の発生を有意に予測するためには今後の研究の蓄積が必要だ、とGonzalez-Bailonたちは述べている。

Networks: Tweetin’ ‘bout a revolutionDOI: 10.1038/srep00197An analysis of the role of online social networks, such as Twitter, in the growth and spread of social movements is published in the journal Scientific Reports. Twitter and other internet technologies are often said to have contributed to the rapid growth of many of the recent wave of popular protests — both in the Arab world and in Western countries, including the London riots in August 2011 and the ongoing Occupy movement. But there is little empirical evidence of the mechanisms through which these technologies disseminate calls for action and organize collective movements. Sandra Gonzalez-Bailon, Yamir Moreno and colleagues studied Twitter activity data for the period around the mobilizations in Spain in May 2011, which emerged as a reaction to the political response to the financial crisis. They examined the posting behaviour of over 80,000 users and tracked nearly 600,000 messages about the protests, analyzing the dynamics of recruitment to the movement and of information diffusion. The position within the network of early participants, who lead the recruitment process, tends not to matter, the authors report. More important is the position of the individuals responsible for disseminating the information widely and rapidly, who tend to constitute a small group of users close to the network’s centre. The authors caution that because they did not control for users’ demographic information or for exposure to offline media, further research would be needed to account for these factors and to eventually lead to meaningful predictions of future occurrences of mobilizations.

doi: 10.1038/srep00197

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度