Research press release

【神経科学】マウスの神経発達に対する電磁波の影響可能性

Scientific Reports

Neuroscience: Electromagnetic radiation may influence neurodevelopment in mice

マウスの胎仔が携帯電話からの電磁波にさらされると成体期の神経発達と機能に影響が出る可能性があることが、Scientific Reportsに掲載される論文で示唆されている。ただし、論文著者のH Taylorたちは、この新知見をヒトでのリスクにどう読み替えるのかという点が困難な可能性を指摘している。今回の研究は、直接、ヒトやヒト以外の霊長類で研究を実施する必要性を明確に示している。 今回、Taylorたちは、胎仔期のマウスが携帯電話からの電磁波にさらされた場合に生じ得る影響を評価するため、雌のマウスに対して、その妊娠期間中、音声を切った状態の携帯電話からの電磁波を浴びせる実験を行った。この実験中、携帯電話は、ケージの上に設置され、通話中の状態に置かれた。対照群のマウスにも同じ条件で実験を行ったが、携帯電話のスイッチは切られていた。そのときの胎仔が成体になると、異常に活発な傾向が強くなり、不安感が少なく、記憶能力が低下した。また、Taylorたちは、今回の実験で電磁波にさらされたマウスにおいて、このような挙動に関連する脳領域内の神経回路に変化が生じたことを示す証拠も明らかにしている。 齧歯類の妊娠期間はわずか19日で、新生仔の脳は、ヒト新生児の脳ほど発達していない。したがって、ヒトやヒト以外の霊長類で実験を重ねて、今回明らかになったような妊娠中に電磁波を浴びることの潜在的リスクが同じように見られるかどうかを調べる必要がある。今回の研究では、携帯電話を用いてヒトが電磁波を浴びる状態を模倣したが、今後の研究では、標準的な電磁場発生装置を用いて、曝露レベルをもっと正確に解明するべきだろう。

Fetal exposure to cell phone radiation may affect the neurological development and function of adult mice, a study published in Scientific Reports suggests. The authors caution that it may be difficult to translate these findings to human risks and the study highlights the need for the direct study of humans or non-human primates. To evaluate the potential effects of prenatal exposure to cell phone radiation on mice, Hugh Taylor and colleagues exposed female mice throughout pregnancy to radiation from a muted and silenced cell phone, which was positioned above the cage and placed on an active phone call for the duration of the trial. A control group of mice was kept under the same conditions but with the phone deactivated. As adults, the mice that were exposed to radiation tended to be more hyperactive and had decreased anxiety and reduced memory capacity. The authors also present evidence of changes in the neuronal circuitry in brain regions associated with these types of behaviour in the exposed mice. Rodent pregnancies last only 19 days and offspring are born with a less-developed brain than human babies, so further experiments are needed in humans or non-human primates to determine if the potential risks of exposure to radiation during pregnancy are similar. Cell phones were used in this study to mimic potential human exposure but future research should instead use standard electromagnetic field generators to more precisely define the level of exposure.

doi: 10.1038/srep00312

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度