Research press release

【神経発達】自閉症スペクトラム障害と乳幼児の亜鉛欠乏症の関係

Scientific Reports

Neurodevelopment: Autism spectrum disorders and infantile zinc deficiency

乳幼児の亜鉛欠乏症と自閉症スペクトラム障害(ASD)が関連している可能性が、予備的研究で明らかになった。ここでは、ASDの発生病理に乳幼児の亜鉛欠乏症が関係している可能性が示唆されているが、亜鉛のような栄養分の不足を補うという栄養上の処置がASDの乳幼児に役立つかどうかを確かめるには、厳密な比較臨床試験を行う必要がある。この研究について報告する論文が、今週、Scientific Reportsに掲載される。 ASDは、社会的相互作用やコミュニケーション上の問題と特異な思考様式と行動様式を特徴とする一連の神経発達障害を指す。その遺伝的要因と環境的要因と考えられるものについては研究が行われているが、ASDの発生病理は解明できていない。一方、亜鉛は、必須の微量元素で、亜鉛欠乏症は、免疫不全、傷の治癒の遅れ、神経発達障害など、さまざまな病的状態と結びついているとされてきた。 今回、安田寛(やすだ・ひろし)たちは、主治医によってASDと診断された1,967人の子ども(0〜15歳)の毛髪試料の亜鉛濃度を測定し、過去に発表された健常者の亜鉛濃度の参考範囲と比較した。その結果、ASDと亜鉛欠乏症に有意な関連が認められ、特に乳幼児群(0〜3歳)では、男児の43.5%と女児の52.5%が軽度から重度の亜鉛欠乏症であることが判明した。乳幼児は、より年長の子供と比べて、発達と成長に必要な亜鉛の量が多く、亜鉛欠乏症になりやすい、と安田たちは推測している。この新知見は、究極的にはASDの治療と予防のための新たな方法につながるかもしれない。

A potential association between zinc deficiency and autism spectrum disorders (ASDs) in infants is identified in a preliminary study published in Scientific Reports. The work suggests that infantile zinc deficiency may be involved in the pathogenesis of these disorders but rigorous, controlled clinical trials are needed to establish whether a nutritional approach supplementing deficient nutrients, such as zinc, might benefit infants with ASDs.

ASDs are a group of neural development disorders characterized by difficulties with social interactions and communication, and unusual patterns of thought and behaviour. Potential heritable and environmental factors have been investigated but the pathogenesis of ASDs remains unclear. Zinc is an essential trace element whose deficiency has previously been linked with various pathological conditions, including impaired immunity, wound healing and neural development disorders.

Hiroshi Yasuda and colleagues examined zinc concentrations of hair samples from 1,967 children (aged 0-15 years old) diagnosed with ASDs by their physicians and compared them with previously published zinc reference ranges for healthy subjects. The authors found a significant association between ASDs and zinc deficiency, particularly in the infant group (0-3 years old), of whom 43.5% of males and 52.5% of females had a marginal to severe zinc deficiency. Infants need larger amounts of zinc for development and growth than older children, making them more liable to zinc deficiency, the authors speculate. These findings might ultimately lead to new avenues for their treatment and prevention.

doi: 10.1038/srep00129

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度