Research press release

【生態】道路沿いでの新生活に適応するサンショウウオ

Scientific Reports

Ecology: Salamanders adapt to life on the road

米国北東部でスポテッドサラマンダー(キボシサンショウウオ)の集団が道路沿いでの生活に適応したと結論づける研究報告があった。その論文が、今週、Scientific Reportsに掲載される。 国際的な道路ネットワークは、この半世紀で拡大を遂げ、今も拡大を続けている。道路の生態学的影響については詳しく調べられているが、道路による進化上の結果はほとんど評価されていない。今回、S Bradyは、水たまりで繁殖する両生類のスポテッドサラマンダー(キボシサンショウウオ)について、道路沿いで繁殖することの影響を調べた。具体的には、スポテッドサラマンダーの典型的な繁殖地である天然の一時的な水たまり10か所(沿道環境が5か所、森林地帯が5か所)の間で、相互移植実験を行い、孵化幼生の生存、成長と発生を測定した。 沿道環境は、スポテッドサラマンダー胚の生存に大きな悪影響を与え、この結果は、沿道環境に由来する胚と森林地帯に由来する胚で差がなかった。沿道環境の水たまりで繁殖する場合の平均生存率は56%で、森林地帯の場合の平均生存率は87%だった。また、沿道環境の水たまりでは、沿道環境に由来する胚の方が森林地帯に由来する胚より生存率が25%高かった。 以上の結果は、道路近くの生息地を占有する生物種に対する道路の悪影響を示す新たな証拠といえる。また、たとえ小さい空間スケールであっても、局所集団の応答によって、人為起源の環境変化に対する許容能力に大きな差異があることを説明できることが、今回の研究で明らかになった。

Populations of spotted salamander in the northeastern United States have become adapted to life near roads, suggests a paper published in Scientific Reports. The global network of roads has expanded over the last half-century and continues to increase but although the ecological consequences of roads are well described, the evolutionary outcomes remain largely unevaluated. Steven Brady examined the effects of road adjacency on a pool-breeding amphibian, the spotted salamander (Ambystoma maculatum), by conducting a reciprocal transplant experiment across ten natural temporary pools, five near roads and five in woodland, comprising typical breeding sites for this species. The survival, growth and development of hatchling-stage larvae were measured. The roadside environment had strong negative impacts on embryonic salamander survival regardless of whether the animals originated from a roadside or woodland pool: the average survival rate of individuals in roadside pools was 56%, compared with 87% in woodland pools. Additionally, Brady found that in roadside pools, roadside-derived embryos out-survived those from woodland pools by 25%. The results provide further evidence that roads negatively affect species occupying road-adjacent habitats and the study reveals that even on small spatial scales, local population responses can describe substantial variation in capacity to tolerate anthropogenic environmental changes.

doi: 10.1038/srep00235

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度