Research press release

【動物行動】ジンバブエ由来のショウジョウバエのメスが同郷のオスを好む理由

Scientific Reports

Animal behaviour: Zimbabwe fruit flies sniffy about foreign affairs

ジンバブエ由来のショウジョウバエ集団のメスは、ジンバブエ由来のオスと交尾し、他の地域に由来するオスとは交尾しない傾向が見られるが、その一因が、オスの体内に存在する特定のフェロモンの濃度である可能性が浮上した。今回の研究は、種分化に関与する感覚過程に関する理解を深めるものといえる。詳細を報告する論文は、今週、Scientific Reportsに掲載される。 初期の種分化が、ジンバブエ由来のショウジョウバエ(Drosophila melanogaster)の集団とその他の地域に由来するショウジョウバエ集団との間で観察されているが、その理由の解明は進んでいない。今回、J-F Ferveurたちが、8つのショウジョウバエ集団(ジンバブエ由来の2集団と他の地域に由来する6集団)を対象として、交尾行動を調べた。ジンバブエ系統のショウジョウバエの場合、メスが汎存種のオスを差別するため、他の系統からの著しい性的隔離が見られた。また、ジンバブエ系統のメスの交尾頻度は、オスの7‐トリコセン(7-T)濃度と負の相関を示した。7-Tは、クチクラ炭化水素で、性フェロモンとして作用することがある。逆に汎存種のメスは、7-T濃度の高いオスを好む傾向を示した。さらに、Ferveurたちは、7-Tを制御すると考えられる2つの遺伝子を同定したが、これらの遺伝子はメスの交尾相手の選択に直接関与していないことも明らかにした。 今回の研究は、7-Tのようなクチクラ炭化水素が交尾パターンにおいて果たす役割を明確にした。このように、ショウジョウバエの系統間の差異がフェロモンによる性的隔離に寄与することが明らかになったが、Ferveurたちは、こうした系統間の差異が、これ以外にも存在している可能性が非常に高いとも考えている。

The tendency of female fruit flies from Zimbabwe populations to mate with Zimbabwe males and not with those from other regions could be partly explained by the levels of a certain pheromone present in male fruit flies. The study, published in the journal Scientific Reports, adds to our understanding of the sensory processes involved in speciation. The early stages of speciation have been observed between fruit fly (Drosophila melanogaster) populations from Zimbabwe and those from the rest of the world, but the reasons for this have remained unclear. Jean-Francois Ferveur and colleagues studied the mating behaviour of eight fruit fly populations, two from Zimbabwe and six from other regions. Zimbabwe strains showed significant sexual isolation from other strains due to Zimbabwe females discriminating against cosmopolitan males. The mating frequency of Zimbabwe females is negatively correlated with the male’s level of 7-tricosene (7-T), a cuticular hydrocarbon that can act as a sex pheromone, the authors report. Conversely, cosmopolitan females tend to favour males with higher 7-T levels. The authors also reveal two genes that appear to govern these hydrocarbons but show they are not directly involved in female mating choice. The work highlights the role of cuticular hydrocarbons such as 7-T in mating patterns but the authors suggest there are probably further differences between the strains that contribute to the pheromone-driven sexual isolation shown here.

doi: 10.1038/srep00224

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度