Research press release

感染症:川崎病の病原因子は風に運ばれてくるのか

Scientific Reports

Infectious disease: Causal agent of Kawasaki disease may be wind-borne

中央アジアで発生して東方に移動し、北太平洋を横断する気流が、川崎病の発症率に関連しているとする考え方が明らかになった。川崎病の病原因子はいまだに解明されていないが、今回の研究結果は、病気の引き金となる環境因子が風で運ばれている可能性があるとする仮説を検証する基盤になると考えられる。詳細を報告する論文が、今週、Scientific Reportsに掲載される。

川崎病は、冠動脈を冒す急性の血管炎で、主に5歳未満の子どもが発病し、日本と米国では、小児後天性心疾患の最も一般的な原因になっている。今回、X Rodoたちは、日本における川崎病の3度の大規模流行を解析し、日本とサンディエゴ(米国)における非流行性川崎病の大規模な年々変動と日本、サンディエゴ、ハワイ(米国)における川崎病の季節変動を調べた。

その結果、Rodoたちは、川崎病の症例数の変動が、それと似た変動を示す風の循環に関連しているという考え方を報告している。つまり、中央アジアを起源とする気団を日本にもたらし、それと同時に北太平洋西部の気団をハワイとカリフォルニアにもたらす風に一貫して見られる季節的変化が、日本、サンディエゴ、ハワイにおける川崎病の症例数のピークに関連していることがわかったのだ。また、今回の年々変動解析は、この太平洋を横断する風の循環パターンが強いことが日本とサンディエゴでの川崎病の疾患活動性が異常に高いことに関連している可能性も示唆している。

Incidence of Kawasaki disease may be linked to large-scale wind currents, which originate in central Asia and traverse the north Pacific, suggests a paper published in Scientific Reports. The causal agent for the disease remains unknown but the results provide a basis for testing the hypothesis that the environmental trigger is potentially distributed by the wind.

Kawasaki disease is an acute vasculitis that affects the coronary arteries. It mainly affects children under the age of five and is the most common cause of acquired childhood heart disease in Japan and the United States. Xavier Rodo and colleagues analyzed three major epidemics of Kawasaki disease in Japan; major, non-epidemic, inter-annual fluctuations of Kawasaki cases in Japan and San Diego; and seasonal variations of the disease in Japan, San Diego and Hawaii.

Fluctuations in numbers of Kawasaki cases appear to be associated with similar variations in wind circulation, the authors report. The peak in cases in each of the three locations is linked with a coherent seasonal shift in winds that simultaneously exposes Japan to air masses from central Asia, and Hawaii and California to air masses from the western north Pacific. The inter-annual analysis also suggests that the enhancement of this trans-Pacific circulation pattern may be associated with unusually high Kawasaki disease activity in Japan and San Diego.

doi: 10.1038/srep00152

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度