Research press release

【海洋科学】ヌタウナギの捕食本能

Scientific Reports

Marine science: The hagfish’s killer instinct

獲物の死体を食べるのではなく、生きた獲物を狩るヌタウナギが初めて観察された。その様子は映像に記録されており、この映像について記述した論文がScientific Reportsに掲載される。

ヌタウナギ(ヌタウナギ科)は、顎のない海洋性の初期脊椎動物の一種で、脅威を感じたときには、鰓を詰まらせる作用のある粘液を大量に産生する能力を持つことで知られている。ヌタウナギは、日和見的な腐肉食によって餌を得ると考えられているが、深海での生息数が多いことと胃の内容物の分析から、ヌタウナギが腐肉食だけで生き延びている可能性は低いことが示唆されていた。

今回V Zintzenたちは、餌を付けたビデオカメラによって得られた画像を分析し、ヌタウナギが活発で優れた狩猟動物となる場合があることを報告している。ヌタウナギの粘液には複数の機能があると考えられ、自らを捕食する可能性のある鰓呼吸動物に対する抑止力だけでなく、他の腐肉食者を排除して食料獲得競争を減らし、さらには、獲物を窒息させて、その自由を奪う捕食道具としての可能性もある。Zintzenたちは、この独特な機能形質の組み合わせが、より高度に発達した有顎魚類やその他の脊椎動物の進化に応じて発達し、このことが、過去3億年間にわたるヌタウナギ科動物の存続に寄与した、と推測している。

The first observations of hagfish hunting live prey, rather than scavenging, are revealed in video sequences described in the journal Scientific Reports.

Hagfish (Myxinidae) are a family of jawless, marine pre-vertebrates, known for their ability to produce copious quantities of gill-clogging slime when threatened. They are thought to feed through opportunistic scavenging but their abundance in the deep sea and analyses of their stomach contents have suggested that hagfish are unlikely to be sustained by scavenging alone.

Vincent Zintzen and colleagues analyzed images from baited video cameras and report that hagfish can be active and successful hunters. Hagfish slime appears to have multiple functions: as well as deterring potential gill-breathing predators, it can decrease competition for food by excluding other scavengers, and may also be used as a predation tool, incapacitating prey through suffocation. This unique combination of functional traits may have evolved in response to the evolution of more highly developed jawed fish and other vertebrates, the authors speculate, and could have contributed to the persistence of this family over the past 300 million years.

doi: 10.1038/srep00131

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度