Research press release

【動物行動】野生のチンパンジーの文化的偏見

Scientific Reports

Animal behaviour: Wild chimpanzees’ cultural bias

新たな課題に直面した野生のチンパンジーが、その課題の遂行に用いる道具を選ぶとき、その選択に過去の経験が影響している可能性があることが明らかになった。捕獲され飼育されている類人猿において過去に獲得した採餌方法を用いる傾向が見られるとした研究がすでに発表されているが、この結果が、今回の新知見によって裏づけられた。詳細を報告する論文が、今週、Scientific Reportsに掲載される。 T Gruberたちは、ウガンダの2つの群集(SonsoとKanyawara)の出身である野生のチンパンジーが、葉付きの木の枝を一部加工したものを使って長方形の穴から液状のハチミツを取り出すという新しい課題に取り組む際に、それぞれの群集に特有の方法を用いるかどうかを調べた。木の枝を使って食料を得ることのあるKanyawaraのチンパンジーは、ハチミツに棒を突っ込み、棒についたハチミツを取り出す傾向が見られた。一方、木の枝を使った採餌行動を観察されたことがないSonsoのチンパンジーは、この葉付きの木の枝の葉の部分が最も重要だと考え、一部のチンパンジーは、葉のスポンジを作った。しかし、枝の部分を使ってハチミツを得た者はいなかった。 次に、Gruberたちは、Kanyawaraのチンパンジーが好んで行う採餌方法をSonsoのチンパンジーに見せた。すなわち、長方形の穴に突き刺さった葉付きの木の枝を見せて、これを穴から直接抜き取らせようとしたのだ。Sonsoのチンパンジーの一部は、木の枝を抜き取り、あるいは木の枝に触ったが、ハチミツを得るための道具として利用することはなかった。 野生のチンパンジーが用いる学習機構を理解するにはさらなる研究が必要だが、Gruberたちは、今回の結果を文化的偏見の観点から解釈できる可能性があると考えている。すなわち、それぞれの群集に属するチンパンジーが、与えられた環境をどう知覚し、評価するのかは、文化的偏見によって制約されているというのだ。

Wild chimpanzees’ previous experiences may affect the type of tools they use to solve novel tasks. The findings, published in Scientific Reports, support previous research suggesting that apes in captivity prefer to rely on previously acquired foraging techniques.

Thibaud Gruber and colleagues investigated whether wild chimpanzees from two distinct communities in Uganda (Sonso and Kanyawara) approached a novel task — extracting liquid honey from a rectangular hole with an artificially provided leafy stick — in community-specific ways. Kanyawara chimpanzees, which sometimes use sticks for food acquisition, tended to use the stick as a dipping tool to remove the honey. Sonso chimpanzees, which have never been observed using sticks in a foraging context, found the leaves to be the most salient part of the tool, some producing leaf-sponges, but no individual used the stick to obtain the honey.

In a second experiment, the authors exposed Sonso chimpanzees to the Kanyawara individuals’ preferred approach to the task by letting the animals encounter and retrieve the leafy stick directly from the hole. Although some of the chimpanzees picked up or touched the stick, none of them used it as a tool to obtain the honey.

Further research is needed to understand the learning mechanisms chimpanzees use in the wild but the authors suggest these results could be interpreted in terms of a cultural bias, which constrains how chimpanzees from different communities perceive and evaluate their environment.

doi: 10.1038/srep00128

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度