Research press release

古生物学:行跡化石から分かった走る速度が最速クラスの恐竜

Scientific Reports

Palaeontology: Fossilised tracks reveal some of the fastest dinosaur running speeds

スペインのラ・リオハ州で発掘された足跡化石の解析が行われて、獣脚類種(二足歩行の捕食性恐竜)の一部は、走る速度が時速45キロメートルに達した可能性のあることが分かった。この知見について報告する論文が、今週、Scientific Reports に掲載される。今回の知見は、これまでに獣脚類の足跡化石から計算された最速クラスの走行速度を示している。

今回、Pablo Navarro-Lorbésたちは、白亜紀前期(1億4500万~1億50万年前)の2つの足跡群(La Torre 6A-14行跡とLa Torre 6B-1行跡)を解析した。La Torre 6A-14行跡には、5つの保存された足跡が含まれており、La Torre 6B-1行跡には、7つの足跡が含まれている。これらの足跡には3本の指が見られ、足幅よりも足長の方が長く、同じ獣脚類種が残したものである可能性が高かったが、種の特定はできなかった。Navarro-Lorbésたちは、この未知の恐竜種が中型の恐竜で、非常に機敏であり、スピノサウルス科恐竜かカルカロドントサウルス科恐竜であった可能性があるとする考えを示している。6A-14行跡の恐竜は、6B-1行跡の恐竜よりも大きかった。

Navarro-Lorbésたちは、足跡の角度と足跡間の距離に基づいて、6A-14行跡の獣脚類が時速23.4~37.1キロメートルで走り、6B-1行跡の獣脚類は時速31.7~44.6キロメートルでさらに速く走ったと計算した。これは、獣脚類の足跡から推定された速さのトップ3に入る。

6A-14行跡は、推定速度がスムーズかつ一貫して上昇していたことを示し、6B-1行跡は、著しい速度変化が突然起こったことを示していた。この点について、Navarro-Lorbésたちは、6B-1行跡の獣脚類が体の動きを調節しながら走っていたという見方を示している。今回の知見は、これらの恐竜がどのように動き、どのような条件下で走れたかを明らかにした。

Some species of theropods — two-legged predatory dinosaurs — could reach speeds of 45km per hour (28 miles per hour), according to analysis of fossilised footprints from La Rioja, Spain. The findings, published this week in Scientific Reports, represent some of the fastest running speeds calculated from theropod footprints to date.

Pablo Navarro-Lorbés and colleagues analysed two sets of footprints, dubbed La Torre 6A-14 and La Torre 6B-1 trackways respectively, which date from the Early Cretaceous period (145 to 100.5 million years ago). La Torre 6A-14 trackway contains five preserved footprints, while La Torre 6B-1 contains seven. The footprints have three toes, are longer than they are wide, and are likely to have been made by the same species of theropod, although it is not possible to determine which species that is. The authors suggest that the unknown species was medium sized and very agile, potentially from the spinosaurid or carcharodontosaurid families. The dinosaur that created the La Torre 6A-14 trackway was bigger than the one that created 6B-1.

Based on the angles of and distances between the footprints, the authors calculated that the theropod who made the 6A-14 tracks ran at a speed between 23.4 and 37.1kmph (14.5 and 23.1mph), while the 6B-1 theropod ran even faster at between 31.7 and 44.6kmph (19.7 and 27.7mph). This is among the top three speeds estimated for theropod footprints.

The 6A-14 trackway shows a smooth and consistent increase in estimated speed, while the 6B-1 trackway shows significant abrupt speed changes, which the authors suggest means the dinosaur was manoeuvring as it ran. These findings shed light on how these dinosaurs moved and under what conditions they could run.

doi: 10.1038/s41598-021-02557-9

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度