Research press release

古生物学:先史時代のゾウの足跡と行跡の化石から分かった仔育ての場所

Scientific Reports

Palaeontology: Fossilized footprints reveal prehistoric elephant nursery

スペイン南西部のウエルバにあるMatalascañas Trampled Surface(マタラスカーニャのゾウの踏み跡)で発見された行跡(連続した足跡)の化石から、この地域が後期更新世(12万9000~1万1700年前)に、アンティクウスゾウ(Palaeoloxodon antiquus)が新生仔を育てるために使用されていたことが示唆された。この知見を報告する論文が、Scientific Reports に掲載される。

今回、Carlos Neto de Carvalhoたちは、連続した足跡の化石(34セット)を分析した。これらの化石は、足跡が円形か楕円形かという基準やその他の基準により、アンティクウスゾウの行跡化石と同定された。アンティクウスゾウは、現生種のマルミミゾウ(Loxodonta cyclotis)と近縁関係にある。de Carvalhoたちは、アンティクウスゾウ個体の年齢を決定するために、足跡の長さに基づいて肩高と体重を算出した。

今回の研究で、14頭の仔ゾウの足跡が同定され、これらが新生仔と2歳までの仔ゾウの足跡で、体重は70~200キログラムと推定された。また、8頭の幼年期(2~7歳)のゾウと6頭の青年期(8~15歳)のゾウの行跡も同定された。これらの化石において若いゾウの占める割合が大きく、この地域には、かつて砂丘池があり、ゾウの群れの繁殖地になっており、周囲の植生が他の食物源に長距離移動できない若いゾウの食物源になっていたことを示すものだと考えられる。

また、de Carvalhoたちは、若い仔ゾウの行跡のそばにあった成体のゾウの行跡を同定し、これらの行跡が近い位置関係にあったことから3頭の成体の雌ゾウ(15歳超)の行跡である可能性があるとしている。雄ゾウの行跡として同定されたのは、わずか2セットだった。これらの足跡は、他の足跡よりかなり大きく(長さ50センチメートル超)、体重は7トン超と推定された。

de Carvalhoたちは、ウエルバのMatalascañas Trampled Surfaceは、雌ゾウが仔ゾウを育てるための繁殖に適した豊かな生息地であり、雄ゾウが訪れることはまれだったと結論付けている。

Fossilized footprint tracks from the Matalascañas Trampled Surface in Huelva, south west Spain suggest that the area was used by straight-tusked elephants (Palaeoloxodon antiquus) to raise newborn offspring during the Late Pleistocene (129,000 to 11,700 years ago), according to a study published in Scientific Reports.

Carlos Neto de Carvalho and colleagues analysed 34 sets of footprint tracks. Based on the rounded-elliptical shape of the prints and other criteria, the authors attributed the tracks to straight-tusked elephants, which are closely related to African forest elephants alive today. To determine the age of individual elephants, the authors calculated shoulder height and body mass based on footprint length.

The authors identified footprints of 14 calves, which they estimate as having been between newborns and two years of age. Their body mass was estimated to have been between 70 and 200kg. The authors also categorised tracks from eight juveniles (two to seven years old) and six adolescents (eight to 15 years old). The high frequency of young elephants may indicate that the area, which once had an interdune pond, was a reproductive site for elephant herds, with the surrounding vegetation providing a food source for young elephants unable to travel long distances to other food sources.

The authors also identified adult tracks possibly made by three adult females (over 15 years) based on the tracks’ close proximity to those of young calf footprints. Only two tracks were identified as having been made by males, with much larger footprints (over 50cm in length) and estimated body masses of over seven tonnes.

The authors conclude that the Matalascañas Trampled Surface in Huelva was likely a rich reproductive habitat for female elephants to raise their young and was visited rarely by male individuals.

doi: 10.1038/s41598-021-96754-1

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度