Research press release

健康:ロックダウン解除後も身体活動レベルの低下が続くかもしれない

Scientific Reports

Health: Reduced levels of physical activity may extend beyond lockdown

イングランドにおける最初のロックダウン(都市封鎖)に関連した研究で、研究参加者の成人(3万5915人)の約29%について、ロックダウン期間中(2020年3~8月)とその後に身体活動レベルの低下があったことを報告する論文が、Scientific Reports に掲載される。また、この研究知見は、身体活動レベルが変化しなかった人の19%(全参加者の12%)の身体活動レベルが常にゼロだったことも示している。この論文では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)期とそれ以降に一般市民の身体活動を促進するための公衆衛生活動を強化する必要があるという見解が提示されている。

今回、Feifei Buたちは、UCL COVID-19 Social Studyの一環として2020年3月24日〜8月23日にイングランドで収集された成人(3万5915人)のデータを解析した。この期間中には、厳格なロックダウンとそれに引き続く制限措置の緩和があった。

この期間中に、直前の就業日に身体活動がなかったという申告をした人の割合が着実に増加した。研究参加者の28.6%が身体活動レベルの低下または不活発な状態の亢進を報告したのに対し、9%が身体活動レベルの上昇を報告した。その他の研究参加者は身体活動レベルの経時的変化がほとんどなく、不活発な状態になる確率の高い研究参加者(「不活発」)が11.6%、短時間(30分未満)と中程度の時間(30分~2時間)の身体活動を行う確率が中程度の研究参加者(「かなり活発」が22.2%、30分~2時間の運動を行う確率の高い研究参加者(「非常に活発」)が28.6%だった。

またBuたちは、身体活動パターンの経時的変化に関連する因子を突き止めた。高齢で、教育水準が高く、世帯収入が高く、2人以上の世帯に属しており、長期にわたって身体的・精神的健康に問題がない人は、不活発な状態を続ける確率が低かった。

Buたちは、身体活動に健康に有益な点があることが知られていることを考えると、身体活動の習慣の変化とそれに関連した因子を理解することが、COVID-19流行後の医療政策に有益な情報を提供する上で不可欠だと考えている。

Nearly 29% of participants reduced their levels of physical activity during and after the first lockdown in England (March to August 2020), according to a study involving 35,915 adults, published in Scientific Reports. The findings also show that amongst the people whose physical activity levels did not change, 19% (12% of total participants) were consistently inactive. More public health efforts may be needed to promote physical activity for the general population during the COVID-19 pandemic and beyond.

Feifei Bu and colleagues analysed data on 35,915 adults in England, collected as part of the UCL COVID-19 Social Study, from 24th March to 23rd August 2020, a period encompassing a strict lockdown followed by the easing of restrictions.

During this period, the authors observed a steady increase in the percentage of people who reported not having done any physical activity on the previous working day. They found that 28.6% of participants showed either declines in physical activity or increased physical inactivity, while 9% of participants showed increased physical activity. Other participants showed little change in their levels of physical activity over time: those with a high probability of physical inactivity (“inactive”, 11.6%); those with a moderate probability of doing physical activity for short (under 30 minutes) and medium (30 minutes to 2 hours) durations (“fairly active”, 22.2%); and those with a high probability of exercising for 30 minutes to 2 hours (“highly active”, 28.6%).

The authors also identified factors associated with different patterns of physical activity over time. People who were older, more educated, had a higher household income, shared a household with others, and those without long-term physical and mental health problems, were less likely to be persistently inactive.

The authors suggest that, given the known health benefits of physical activity, understanding changes in physical activity habits, and associated factors, is essential for informing healthcare policy in the aftermath of COVID-19.

doi: 10.1038/s41598-021-97065-1

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度