Research press release

生物学:グレートバリアリーフで最も幅の広いサンゴ

Scientific Reports

Biology: Widest coral in the Great Barrier Reef identified

グレートバリアリーフで発見された極めて大きなサンゴ(海洋小動物と炭酸カルシウムからなる構造体)について記述された論文が、今週、Scientific Reports に掲載される。これは、グレートバリアリーフで測定されたサンゴの中で最も幅が広く、6番目の高さのサンゴだ。

このサンゴは、オーストラリア・クイーンズランド州のパーム諸島の一部であるグールブーディ(オルフェウス島)の沖でシュノーケリングをしていた人々によって発見され、昔からパーム諸島を管理してきたマンバラ族によってムガ・ダンビ(Muga dhambi;「大きなサンゴ」という意味)と命名された。今回、Adam Smithたちは、ムガ・ダンビの調査を行い、この半球状のサンゴが、高さ5.3メートル、幅10.4メートルで、グレートバリアリーフで計測されたサンゴの中で最も幅が広く、2番目に幅の広いサンゴよりも幅が2.4メートル広いことを明らかにした。Smithたちは、サンゴの成長速度と年間海面水温に基づく計算を用いて、このサンゴの年齢を421~438年と判定し、ヨーロッパ人によるオーストラリアの探検・入植よりも前から生息していたと推定している。また、過去450年間に生じた環境事象の検討では、ムガ・ダンビが最大80件の大型サイクロンに襲われ、数世紀にわたって侵入種、サンゴ白化事象、干潮、人間活動にさらされながら生き延びたと考えられることが明らかになった。Smithたちは、ムガ・ダンビの健康状態は非常に良好で、その70%が生きたサンゴで、残りは、Cliona viridis(別名green boring sponge)、芝生状海藻(turf algae)、緑藻で覆われていると報告している。

Smithたちは、回復力が極めて強い稀少な大型サンゴであるムガ・ダンビのモニタリングを行うことを推奨し、将来的にはこのサンゴを修復して、気候変動、水質低下、魚の乱獲、沿岸開発の悪影響を受ける可能性を最小限に抑える必要があるかもしれないとコメントしている。

An exceptionally large coral – a structure made up of small marine animals and calcium carbonate – discovered in the Great Barrier Reef is described in Scientific Reports this week. It is the widest and sixth tallest coral measured in the Great Barrier Reef.

The coral was discovered by snorkelers off the coast of Goolboodi (also known as Orpheus Island), part of the Palm Island Group in Queensland, Australia. It has been named Muga dhambi (Big coral) by the Manbarra people, the traditional custodians of the Palm Islands. Adam Smith and colleagues surveyed Muga dhambi and found that it is hemispherical, 5.3 metres tall and 10.4 metres wide, which makes it 2.4 metres wider than the next-widest coral measured in the Great Barrier Reef. Using calculations based on coral growth rates and annual sea surface temperatures, the authors estimate that Muga dhambi is between 421 and 438 years old and predates European exploration and settlement of Australia. A review of the environmental events that have occurred in the past 450 years indicates that Muga dhambi may have survived up to 80 major cyclones and centuries of exposure to invasive species, coral bleaching events, low tides and human activity. The researchers report that Muga dhambi is in very good health with 70% consisting of live coral, the rest being covered with the green boring sponge, Cliona viridis, turf algae and green algae.

The authors recommend monitoring of this rare and unusually resilient large coral and comment that restoration may be needed in the future to minimise the potential negative impacts of climate change, declining water quality, overfishing and coastal development

doi: 10.1038/s41598-021-94818-w

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度