Research press release

古生物学:中国に生息していた恐竜の解明に役立つ3点の化石

Scientific Reports

Palaeontology: Three fossils shed light on dinosaurs in China

中国北西部で発見された3点の恐竜化石は、新種2種の化石であり、同地域で初めて発見された脊椎動物種に含まれることを報告する論文が、Scientific Reports に掲載される。この知見は、中国の竜脚類に関する新たな手掛かりとなる。

今回、Xiaolin Wangたちは、以前にトルファン-ハミ盆地(新疆ウイグル自治区)で発見され、白亜紀前期(約1億3000万~1億2000万年前)と年代決定された化石断片(脊椎骨と胸郭)を分析し、この遺骸化石の特定の特徴(脊椎胸郭構造)を中国やその他の地域の他の竜脚類恐竜と比較した。

Wangたちは、第1の化石標本を新種と特定し、Silutitan sinensisと命名した。その頸椎骨のいくつかの特徴から、竜脚類Euhelopodidae科に属することが見いだされた。Euhelopodidae科恐竜は、これまで東アジアでしか発見されていなかった。Wangたちは、この化石標本を、それと近縁だと彼らが考える恐竜の分類群、つまり属(エウヘロプス属)と比較して、この化石標本がもともと20メートル以上の長さだったと推定した。

Wangたちは、第2の化石標本も新種であることを突き止め、Hamititytan xinjiangensisと命名した。この化石標本には、7点の尾椎骨が含まれており、Wangたちは、第4脊椎から第10脊椎だと考えている。そして、Wangたちは、椎骨に沿った形状と隆起から、これが竜脚類ティタノサウリア科に属することが示唆されたと結論付けている。ティタノサウリア科恐竜は、アジアと南米に数多く生息していた。Wangたちは、この化石標本を、彼らがそれと近縁と考えるラペトサウルス属とオピストコエリカウディア属と比較して、化石標本の全長を17メートルと推定している。

第3の化石標本は、4点の椎骨と肋骨の断片のみによって構成されている。Wangたちの分析では、これが竜脚類のSomphospondyliクレードという恐竜分類群に属し、ジュラ紀後期(1億6030万年前)から白亜紀後期(6600万年前)まで生息していたことが示唆されている。

これらの化石標本は、トルファン-ハミ盆地で初めて発見されたことが報告された恐竜化石に含まれており、これによって、この地域でこれまでに知られている中生代の爬虫類の多様性が増加したことになる。以上の知見は、どの竜脚類恐竜が中国に生息していたのかを知る手掛かりになる。

Three dinosaurs from Northwest China represent two new species and are some of the first vertebrates uncovered in the region, according to a study published in Scientific Reports. The findings shed light on sauropods in China.

Dr. Xiaolin Wang and colleagues analysed fossil fragments (spinal vertebrae and rib cage) previously discovered in the Turpan-Hami Basin (Xinjiang, China) and dated to the Early Cretaceous (around 130 to 120 million years ago). They compared specific features of the remains (vertebrae and rib structure) to other sauropod dinosaurs from China and other localities.

The authors identified the first specimen as a new species and named it Silutitan sinensis. The authors found that some characteristics of the neck vertebrae indicate that it belonged to a family of sauropods known as Euhelopodidae, which so far have been found only in East Asia. They compared the specimen with what they believe was a closely related group of dinosaurs, or genus, (Euhelopus) and estimated that the specimen was originally over 20 metres long.

The authors named the second specimen, which they also identify as a new species, Hamititan xinjiangensis. The specimen consists of seven vertebrae from the tail, which the authors believe are the fourth to tenth in the spine. The authors conclude the shape and ridges along vertebrae suggest that it belonged to a family of sauropods known as Titanosaurs, abundant in both Asia and South America. They estimate the full specimen was 17 meters long by comparing it to what they believe to be closely related genera (Rapetosaurus and Opisthocoelicaudia).

The third specimen was limited to four vertebrae and rib fragments. The authors’ analysis suggests it may be a somphospondylan sauropod, a group of dinosaurs who lived from the late Jurassic, 160.3 million years ago to the late Cretaceous, 66 million years ago.

These samples are some of the first dinosaurs reported in the Turpan-Hami Basin, increasing the known diversity of the Mesozoic reptiles found in the area. The findings also shed light on which sauropods were present in China.

doi: 10.1038/s41598-021-94273-7

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度