Research press release

福島原発事故:周辺住民避難の正当性

Scientific Reports

Fukushima: Was evacuation justified?

2011年3月の東京電力福島第一原子力発電所(NPS)での大惨事を受けて、放射線量の評価を行う研究が実施され、このほど、その結果が明らかになった。これによれば、福島第一原発から30キロ以内に居住する人々に対する政府の避難指示や自主避難要請は、放射線防護の観点から正当なものであったことが示唆されている。この研究結果を報告する論文が、今週、Scientific Reportsに掲載される。

去る3月11日に日本で発生したマグニチュード9.0の地震に伴う津波で、福島第一原発の冷却システムの電源が失われた。その後、同発電所内で複数の爆発が起こり、さまざまな人工放射性核種(例えば、ゼノン133、ヨウ素131、セシウム134)が環境中に放出された。床次眞司(とこなみ しんじ)たちは、こうした放射性核種が生活環境に及ぼす影響を評価するため、2011年3月と4月に福島第一原発の北西を通る高速道路に沿って大気中の放射線量率の自動車探査を実施した。また、床次たちは、福島第一原発にさらに近い高汚染区域を調べて、避難した同区域の住民の外部被曝線量を推定した。

(福島第一原発から比較的離れた)高速道路沿いでの大気中放射線量率は、3月11日の前より後のほうが高かった。また、高汚染区域での最大線量率は36μGy h-1で、(福島第一原発から約20キロ離れた)浪江町から福島市などに避難した住民の累積外部被曝線量は、最大で約68 mSvと推定された。以上の結果をもとに、床次たちは、高汚染区域からの住民の避難は、放射線防護の点で正当なことだったと報告している。

The results of a study to assess radiation doses following the disaster at the Fukushima Nuclear Power Station (NPS) in March 2011 are published in Scientific Reports this week. The work suggests that the government evacuation of people living within 30 kilometres of the power station was justified from the point of view of radiation protection.

The 9.0-magnitude earthquake in Japan on 11 March this year triggered a tsunami, which caused the power supply for cooling in Fukushima NPS to fail. Subsequent explosions at the power station caused various artificial radionuclides, such as xenon-133, iodine-131 and caesium-134, to be released into the environment. To assess the effects of these radionuclides on the living environment, Shinji Tokonami and colleagues conducted a car-borne survey for radiation dose rate in the air in March and April 2011 along an expressway passing northwest of Fukushima NPS. They also surveyed a high-contamination area, closer to the power station, to estimate the radiation external dose for individuals who lived in this area but were subsequently evacuated.

Dose rates along the expressway (i.e. relatively far away from the power station) were higher after than before 11 March. The maximum dose rate in the high-contamination area was 36 μGy h-1 and the estimated maximum cumulative external dose for evacuees who came from Namie Town (about 20 km from Fukushima NPS) to evacuation sites, such as Fukushima City, was about 68 mSv. The authors therefore report that the evacuation of the high-contamination area was justified in terms of radiation protection.

doi: 10.1038/srep00087

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度